一人暮らしの賃貸はマンションかアパートどちらが良いか
今回から暮らしジャンルのコラムを書いていきます!

まずは直近で引越しをした事があるので、熱が冷めないうちに「お部屋探し」のことについて綴らせていただきます。

 

ここ5年の間に4軒賃貸、計3回引越ししているので、必須の条件、そこまででもない条件というのがハッキリしてきました。

 

私自身、お部屋探しする時はスーモやホームズの賃貸物件探しアプリで検索しますが、条件以外にも見ていて「これどういう意味なんだろう?」という記載なんかもありました。

 

あとは、お部屋探しをしていて気付いたのが、

「間取り図見るの、めちゃ楽しい」

一人暮らしの賃貸物件探し

頻繁に見ているので、載っている写真と間取り図を見て、脳内内見シュミレーションができるくらいになったほど。笑

お部屋探しって本当ワクワクしますよね。むしろ一番楽しい時期かもしれません。

 

ということで、お部屋探しの条件について私なりに色々とまとめていくのですが、前置きが長くなってしまいました…

 

今回のお題はこちらです!

「マンションか、アパートか」

 

いずれも住んでみた経験からお話させていただきます!

マンション、アパート、何が違う?

 

実は明確に違いはありません!

え、絶対違うよね?イメージからして結構違うけど…

マンションとアパートの違い

不動産屋さんが物件の情報を集める時に使う登記簿謄本にも、この物件は「マンション」この物件は「アパート」という区分は書いていないんです。

はい!この件ここまでですね!

意外ですが建物の区分はなく、建物の構造や階数など、内容によって呼び名を決められているんです。

 

これによって、次のテーマが少々鍵となってきます。

 

物件検索する時に気をつけること

 

明確な違いはないのに物件検索する時一番最初に絞るのが「マンション」「アパート」じゃないですか…?

 

こうなってくるともはや謎の領域ですよね。
どっちを選べばいいのか、と。
もう両方倒しておけば良いんじゃないか、と。

あながち間違ってはいません。

 

私がマンションを探している時、「マンションで絞っているのにアパートが出てきた」という事がありました。

 

そもそも違いはないのですが、私がイメージしていた「マンション」とは違う「アパートっぽいマンション」が出てきたんです。

 

これはつまり、その物件はマンションとして賃貸に出されている物件だったんですよね。

 

これなら良いですが、逆にアパートを探している場合、マンションとして登録されているアパートを見逃してしまう可能性があります。

念のため、マンションにもチェックを入れて検索してみると良いと思います!

一人暮らしの賃貸はマンションかアパートどちらが良いか

それぞれのメリット、デメリット

 

○マンション

  • 一般的に鉄筋コンクリート造が多く、騒音の問題が少ない
  • 戸数の多い集合住宅が多く、セキュリティや設備がしっかりしている
  • 家賃が高い

 

○アパート

  • 軽量鉄骨造や木造が多く、騒音や耐震性に欠ける
  • 戸数が少なめで大家さんが近くに住んでいてコミュニケーションが必要な場合あり
  • セキュリティ対策がない、オートロック付きでもセキュリティは弱い
  • 虫が入ってきやすい
  • 家賃が安い

 

やはりマンションの方がメリットは多いです。
その分家賃設定は高めですが、住んでからの工夫や悩み事は少なくて済むし、一人暮らしは安心感が重要なのでモノは考え様です。

 

住んでみて分かったこと

 

私はこんな感じで引っ越してきました。

  1. 4戸しかないthe アパート(軽量鉄骨造)
  2. 30戸弱ある集合住宅タイプのアパート(木造)
  3. 単身用の細長い高層マンション(鉄筋コンクリ)
  4.  the マンション(鉄筋コンクリ)

 

だんだんグレードアップした感じでしたが、アップしたのはグレードと家賃。
最初のアパートと最後のマンションを比べると、共益費含めて3.5万円違います。

 

もちろん家賃が安いに越したことはないですが、快適さは下に行くほど上がりました。

ただ、2番目のアパートは最初のアパートよりも騒音問題がひどく、隣のタバコの匂いまで入ってきて不快でした。

 

アパートの場合は特に、どんな人が住んでいるのか事前にチェックしておきたいところです。
(入れ替わったらどうしようもないけど…)

 

アパートの注意点

 

マンションだとそういった心配がほとんど要らないのがなによりメリット。
オートロックとモニター付きインターホンがあれば変な勧誘に出くわす事もないですし、天秤にかけて少し予算を増やせるのであれば、圧倒的にマンションが快適です。

 

結局どっちが良いか

 

予算があるのであれば、マンションがおすすめです。
あえてレトロなアパートをDIYして住みたい!という場合を除いては、マンションが快適です。

 

中身はいくらでも工夫できるけど、「ハコ」は変えられないので、構造やセキュリティにコストをかけるのはアリだと思います。

 

同じ条件で比べるとマンションは高いですが、

  • 狭くてもモノを減らせば良くない?
  • 独立洗面台なくても問題なくない?

などなど。

「本当にこの条件要るかな?」というギモンを持つ良いきっかけと思ってアパート、マンション両方視野に入れてお部屋探しするのが良いと思います!

 

それではよいお部屋探しを!最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事をシェアする!

チリ産鮭切り身の低温調理

こんにちは!本日関東は夜から雪の予報となっています。初雪、本当に降るのか…?

さて、そんな寒い本日にあまり温かくなさそうで申し訳ありませんが、低温調理ネタです。

以前より魚の低温調理についていくつかアップしていますが、今回は3度目の鮭の低温調理です。設定温度設定を上げてみたらどうなったか、その部分だけに着目していただけましたらという感じです。

という事でまずは前回の鮭の低温調理記事は、魚もおいしく低温調理!旬の秋鮭を放置するだけ簡単調理

この記事だと55度で40分の設定でした。国産の秋鮭、今回のはチリ産の鮭切り身なので、若干素材の違いはありますが油分がチリ産のが多いくらいでそこまで変わりなしです。

 

レシピ的なのは上記記事と同じなので割愛します。

今回は、61度で30分低温真空調理しました。他の袋で鶏胸肉と一緒にまとめて低温調理した途中で鮭だけ取り出したかたちです。

鮭と鶏胸肉をまとめて調理できるなんて私にとっては改めて夢のような便利調理器ですねー!

チリ産鮭切り身の低温調理

うんうん。見た目はこんな感じです。アスタキサンチン色が素敵なオレンジ色に仕上がりました。

袋に一緒に入っているのはお決まりのオリーブオイル、塩0.9%と乾燥バジルとブラックペッパーです。

そして実食ですー!

チリ産鮭切り身の低温調理

まず食感。温度高めなので前回の55度の時に比べてだいぶしっかりした食感になってます!

しっかりとは言え硬いという訳では全くなく柔らかいです。むしろ前回の55度だと個人的にはやわやわ過ぎた感があるので今回の方が好みです!めちゃくちゃおいしいです!

まとめると、55度だとやわやわ、弾力がない感じ。61度だと柔らかいけれど若干のもっちり感が出ていい感じです。この辺りはお好みですね。とってもおいしくいただきましたー。お好みの設定を見つけると良いかと思います。

さて、という事で本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼併せてぜひ。袋を手軽に真空状態にする方法、浸水法のリンク。

「浸水法」とは?真空にする理由、真空状態にするためのコツ!

▼低温調理器はしっかり温度管理ができる信頼できるものを確実に選びましょう。温度が下がってて食中毒とか、年明け早々絶対避けましょう。

▼低温調理にぴったりなおすすめ容器

▼完成後、炙るとより良いです。その際にはぜひクッキングバーナーを。

この記事をシェアする!