さつまいもの品種、紅まさり

こんにちは!

今回は久しぶりにさつまいもの品種について書きたいと思います。

 

何を言おうと私の主食(主食という概念は特にありませんが)はさつまいもです!

お米も食べますし、外食は特に気にせず好きなものを食べますが、家にいる時の夕飯は90%くらいの確立でさつまいもを食べてます。

さつまいも以外にじゃがいも、里芋なども好きですが、基本的には毎日さつまいも、時折じゃがいも、旬の時期には里芋を挟むようなスタンスであります。笑

これまでにもさつまいもについてはいくつか記事をアップしていますし、カテゴリもさつまいもだけは分けてありますので、よろしければ過去記事もご参照いただけましたら幸いです。

 

さて、今回取り上げるのは検索しても基本情報しかヒットしない品種、スーパーに出回り始めたのも最近かと思います、「紅まさり」という品種のさつまいもです!

さつまいもの品種、紅まさり

さつまいもの品種、紅まさり

産地は主に茨木県。去年の年末くらいからよく見かけるようになり、求めやすい値段なこともあり我が家では昨今スタメンとして常備されています。

見かけない品種が出ているとワクワクしながら利き芋するのですが、紅まさり、いったいどんなさつまいもなのでしょう?簡単ですが食レポなどしていきますのでよろしくお願いいたします!

 

まず前提としては、2001年に品種登録された割と新しめのさつまいもでして、出回っているありきたりの情報になりますが、「九州104系」を母、「九州87010-21」を父として交配して「かんしょ農林55号」という品種で登録されたさつまいもになります。

食べた感じとしては、紅はるかに近い感じだけどちょっと甘み薄目で水分多いかなーといった印象。

やはり個体差があり、それぞれ甘い甘くないあるのですが、基本的には私が毎日やっている蒸し煮で調理すると水分があまり蒸発しないので、紅まさりの糖度をフルマックスに活かすことは難しいです。

 

ということで、紅まさりの糖度とねっとり感を最大限に引き出すには「焼き芋」にするのが向いています!

オーブンなどの高温でしっかり水分を蒸発させてしっかりと糖度を上げることで、紅まさりの蜜芋感、ねっとり食感を引き出せるのでぜひともお試しくださいませ。

さつまいもの品種、紅まさり

ここにも書いてありますね!

 

調べたところ、食べた感じと相違がある部分もありますが、一般的なレビューとしては、

  • 水分が多い
  • 糖度は紅はるかよりも高い
  • 粉っぽさはなく、ねっとりしっとり系
  • やはり焼き芋にするのが最適

のようでした。

4ヶ月くらい食べ続けた人のレビュー的には、紅はるかのが糖度高い気がするのですが、まぁ、ということは大体同じくらいなんじゃね?といったところです。

蒸し煮にばかりしているからかもしれませんが、ねっとり感に関しても個人的には紅はるかのが高いか同じくらいに感じます。むしろ水分が多いからさらっとしてる印象を持ってます。

さつまいもの味そのものが、私個人としては全体的に紅はるかの方が濃い感じがするのですが、これに関しては人の味覚次第って感じですかねぇ…

 

いずれにせよどちらもしっとり系でパサつかず、とてもおいしいです!(粉っぽくてパサついてる鳴門金時とかも好きですが…笑)

焼き芋をするのにはオーブンがベストですが、手軽なところだと無水鍋も割と近い条件で仕上げる事が可能です。よろしければご参考までにいかがでしょう。

成功記事→無水鍋での甘い焼き芋の簡単な作り方!アルミホイルの活用の重要性
失敗記事→無水鍋で安納芋の焼き芋!ねっとりとろける仕上がり…だけどなぜか甘くない!

 

ということで本日はここまでです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

 

▼焼き芋以外にもかなり使えて便利な無水鍋。カレーなんか特におすすめで、材料と少量の水入れて放置するだけで驚愕のおいしさのカレーができます。

この記事をシェアする!

紅はるか蒸し煮

こんにちは!本日もよろしくお願いいたします。

 

さてさて、度々お伝えしているのですが、わたくし、大の芋好きなのです!どれくらい芋が好きかというと毎晩の主食は芋なくらいです。

芋の種類は問わず、さつまいも、じゃがいも、里芋…と芋なら基本的に何でも好きで、芋ではありませんがかぼちゃも昔から以上に好きでして。一時期はかぼちゃを食べすぎて手足の平が黄色になって、当時コンビニフルタイム勤務だったので、レジでおつりを返す際にこの人どうしたのかしら…と驚かれる始末だったくらいです。

それくらいとにかく芋類、かぼちゃ、あと栗なども、とにかくほくほくしっとりねっとりしている食べ物が好きなのですが、現在一番食べているのは何と言ってもさつまいもです!

そこで今回は、最近食べた「紅」の付くさつまいもの品種でのおすすめランキングを勝手に作ってみました!毎日のように食べているので、利き芋ができるくらい味の違いが分かるようになってきているので多少は信ぴょう性あるかと。笑

それでは早速いきます!1~5位まで。

第5位「紅優甘(べにゆうか)」。こちらは最近スーパーで比較的安く売られていますが、食べた感じあっさりとした甘みで食感もあっさり、という感じ。ねっとりしてません。なのでくどくない甘みと食感が好きな方にはおすすめですが、シンプルな蒸し芋、蒸し煮などの加熱法だと味は薄目に感じるかも。

第4位「紅あずま(べにあずま)」。スーパーでも八百屋さんでもよく並んでいる品種ですが、ホクホク感と程よい甘みがいつでもおいしい期待を裏切らないお芋さん。

第3位「紅こがね(べにこがね)」。紅優甘よりは味が濃い感じがしますが、食感がホクホクタイプですが粉っぽくなくホクッ…という感じ。紅あずまの品種選抜です。

第2位「紅天使(べにてんし)」。ねっとり系大好きな方に超朗報な密芋、糖度めちゃくちゃ高いです。家では食べないですが、焼き芋として買って食べると感動のおいしさ…。ただかなりねとーっと甘いので女性向けでしょうか。

そして第1位「紅はるか(べにはるか)」!ホクホク系でもなくねっとり系でもなく、しっとり系と題しましょうか、甘み、食感全てにおいてちょうどいいーと感じます!すごく上品な甘みで上質な液糖を食べてるみたいな、それでいてしつこくないので後を引く、というか。

品種コラムとしては、外観が優れている「九州121号」に、皮色や食味が優れている「春こがね」を交配させたさつまいもで、2010年に品種登録されたという比較的新しい品種なのだそうです。言われてみれば見た目も美しい気がします。

さつまいもの知識を深めたい方はこちらにてどうぞ。「美味しさ、栄養価、品種、栽培法、ルーツ、この奥深く豊かなサツマイモのすべてを語り尽くす。身近なサツマイモを掘り下げた快著。」と。勉強になります…。

私はこんな感じで例のごとく塩を振りかけて少量の水で蒸し煮にしていただくのですが、

紅はるか蒸し煮

鍋底に少し残った液がめちゃくちゃおいしいっていう…残った液なのにどうしてこんなに旨いのか…神秘です。

塩のおかげで若干の塩味があってそれプラスさつまいもの上質な甘みでイメージ的にはさつまいもシロップ。あますところなくおいしいわけなのです。毎日本当にありがとう、さつまいも、おいしいお芋を作ってくださる農家の方々…。

 

という事で完全に独自のお気に入りさつまいもランキングを発表させていただきました。完全に独自で、しっとりねっとり系が好きな目線で突き進んだ感じの結果となっていますので、人には人の好み、これは私の中でのランキングでしかありませんので何卒ご愛敬でお願いいたします。

↓↓↓お塩はぜひ体に良い品質のものを。いつもアルペンザルツをおすすめしていますが、こちらの海の精さんのは定番のおすすめ。料理はまず調味料、まず塩から変えてみるの、おすすめです。

↓↓↓ぬちまーすは自然食品店勤務時代に衝撃的だったお塩。こちらもおすすめです。お肉や魚に大事に振りかけてみてもよし。

この記事をシェアする!