蒸し煮野菜にとろけるモッツアレラチーズのせ

今年も残すところあと2日となりました、こんにちは!

私は特に正月だからおせち食べたりしないのですが、なぜか昨日夜な夜な赤かぶの甘酢漬けは昨日漬けました。赤大根の甘酢漬けがかなりおいしかったので完全にはまりましたねー。

それは後日アップするとして、今回はバーナーの便利さについてちょっと書いていこうと思います!

 

以前より、メンタリストDaiGoさんの料理番つっしーさんが買うべき調理器具ベスト3として挙げておられたクッキングバーナー。実は私も先日amazonで購入したのですが、かなーり便利で素晴らしいので書いておこうと思いました。

iwataniクッキングバーナー

Iwataniのカセットガスバーナーです!

Iwataniのカセットガスであればワンタッチで簡単に脱着できる便利品です。フライパンやお鍋に食材をのせてレバーを引いて着火するのみです。燃え移るようなものがないか、換気はできているかなどきちんと注意して使わなくてはなりませんが操作自体はとっても簡単です。バーナー自体が初めての使用だったので最初はちょっと怖かったのですが、使ってみたらあっという間に大好きになりました。笑

 

ローストビーフとかポークの表面あぶったりはもちろん、先日はこんなのもやりました。

蒸し煮野菜にとろけるモッツアレラチーズのせ

蒸し煮野菜にとろけるモッツアレラチーズのせ!

 

キャベツ、にんじん、じゃがいもを蒸し煮して、火を止めた後薄切りにしたモッツアレラチーズをのせてバーナーであぶってとろけさせました!めっちゃおいしいー…!!基本的にヘルシーだけど、チーズがとろけて格段においしくなりました。

バーナーの良い点のひとつは、メイラード反応が起きるという点があります。

メイラード反応についてはこれまでもちょこちょこ触れていますが、糖とたんぱく質のアミノ酸が熱されて反応した時に起こる反応で、こんがり焦げていい香りが漂う、あれです。こんがり芳しい料理、おいしいですよねー!

牛肉豚肉に関しては表面に低温調理では殺菌できかねない菌が残っていたりするので、出来れば表面だけでも短時間焼き付けるのが理想なのですが、バーナーなら簡単。そしてフライパンで焼き付けるよりも直接火が当たるのでメイラード反応も顕著に起こっておいしく仕上がるという訳です。低温調理中は起こらないという訳でもないのですが、155度が一番顕著に反応するという事なので、短時間で集中的にバーナーすると簡単です。

ちなみに褐色になるのはメラノイシンという物質が発生するから、なんですねー。世の中科学ですねー。

 

ですが、メイラード反応が起こるという事は老化の原因になる物質、AGEs(終末糖化産物)が発生するという事なので、バーナーで一瞬あぶるくらいにとどめておきたいところでして。

すき焼きとか…グラタンとか…おいしいですが、日常的にしょっちゅう食べるのは健康を考えるとあまりよろしくなさそうです。

活用すれば家庭でもプロ並みの技で料理の幅がグンとアップするので、バーナー活用いかがでしょうか。

本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼Iwatani カセットガスクッキングバーナー

▼併せてどうぞ、AGEsについての記事

低温真空調理で肉がおいしくなる理屈をわかりやすく解説!その2 健康効果からAGEsのお話まで

この記事をシェアする!

低温調理サラダチキンでワイン

こんにちはー。祝日3連休ですね…私は関係ありませんが…!

そして世はブラックフライデーという事で色々安売りしているみたいですが、これも私は大体amazonで済んでしまうのであまり関係ないという…。基本イベント事無縁の体質です。笑

さて、先日、低温真空調理で肉がおいしくなる理屈をわかりやすく解説!という事で、低温真空調理すると肉のたんぱく質がどう変化するからおいしくなるのか、みたいなお話をしました。

そこで今回は続編で、高温で調理すると何が良くないの?低温調理を薦める理由と健康効果について解説していきたいと思います!

 

まず「高温調理」の定義ですが、ここでは「焼く」「揚げる」のイメージです。

この高温調理、いったいどうして大量摂取を避けるべきなのかなのですが、焼くなり揚げるなり、こんがりきつね色に仕上がる料理はとってもおいしいのですが、その焦げ部分にはAGEs(終末糖化産物)という物質が発生しています。

このAGEs、老化の原因になる物質でして、食べると体内に蓄積してしまい、しかもなかなか去ってくれないという非常に厄介な物質なのです…。

AGEsは糖とたんぱく質が反応してできるので、例えば照り焼きとか、濃い味付けして焼いたお肉とか、すごく含まれるから大量に習慣化して食べるのは良くないよーっていう話なのです。焼き鳥とかもあまり良くないっていう以外なお話なんですよね…。おいしいんですけどね、焼き鳥…。食べるにしてもたまににしましょう。

そこで低温調理。低温でゆっくり加熱して、こんがりさせるにしても仕上がったものをバーナーで焼き付ける(メイラード反応)とか、フライパンで短時間焼き付けるとか、そういう調理法を取ればAGEsの発生を防ぐことができるんですね。

という事でこの辺が低温真空調理のおすすめ健康ポイントになります。低温調理の他にも私がよくやってる「蒸し煮」とか「煮る」なんかはおすすめです。

低温調理サラダチキンでワイン

安上がりにおいしく楽しめます。笑

いかがでしょうか、ざっくりおすすめされた感はありますでしょうか?笑

あとは以前にポリフェノール摂取の味方!ブルーベリー、ミックスベリー!という記事を上げましたが、ブルーベリーなどのベリー系は抗AGEs作用があります。ベリー系は本当に優秀で、メンタルの改善なんかにも効果ありのようなので食事に取り入れる事、おすすめですよ!

 

という事で本日はここまでです。低温調理は便利で簡単、プラスこんな健康効果がある魅力的な調理法です。温度や時間の設定を見極めておいしく健康的に調理していきましょう!

この記事をシェアする!