ブルーベリーの視力回復効果について

さて、本日は以前より書こう書こうと思っていた冷凍ブルーベリーのお話です!

ミックスベリーの抗酸化作用についてはポリフェノール摂取の味方!ブルーベリー、ミックスベリーの抗酸化作用という記事で軽ーく触れているのですが、うーん…今見ると結構初期の頃に書いた記事だなー…と我ながら思ってしまいますねぇ…。

ちょっと内容が薄いので、冷凍ベリーがなぜおすすめなのか、もうちょっと分かりやすく書いてきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!

 

さて、上記の記事でベリー系は抗酸化作用が強いと書きましたが、ビタミンEが豊富ということ、そして今回のメインとなるもうひとつの魅力、ポリフェノールの一種のアントシアニンが豊富だということ。それらが根拠になります。

 

サプリメントも豊富に出回っているのでご存知の方が多いのではと思いますが、アントシアニンは主に紫色の色素を持つ食品に多く含まれており、効能としては各メディアで昔からよく取り上げられている「視力回復効果」となります。

視力回復効果。うん。サプリメントを1回や2回飲んだだけ視力回復するはずもございませんが、継続的に摂ることで希望は見えてくるのではないかと私は思っております!

現に私も冷凍の状態のブルーベリーかミックスベリーをかれこれ1年くらいは毎日食べていますが、もともと加速してしまった視力の低下がここ最近若干、本当に若干…ですが和らいだ気がしています。むしろ和らいだ気がして今この記事を書いております。笑

ブルーベリーの視力回復効果について

それはさておきここからが本題です。

視力回復効果というけれど、根拠がないとメディアの売り文句とも感じてしまうところがありますので、何がどう働いて視力回復と謳われているのか、簡単ですがみていきましょう!

 

早速ですが、アントシアニンは人間が光を検知する視覚を司るにあたり、重要な役割を持つロドプシンの再合成を促進する働きをします

この働きにより視力回復の効果があるのではないかということなんですねー。一瞬で答えが出てしまった感が否めませんが、このロドプシンの再合成なり、抗酸化作用に必要な1日の目標摂取量はどのくらいでしょう。

これに関しましては鈴木祐さんのパレオな男の記事から抜粋させていただきまして、1日に500mg~1,000mgのアントシアニンを目標にするのがよろしいのではないかと思います。冷凍ブルーベリーだと60~120gの量に匹敵するとの事です。(パレオダイエット的に最強のフルーツ、それはブルーベリーより)

私はこの目標値だと最小の値になりますが1日60gをヨーグルトにのせて食べてます。デザート皿に一人前くらいで難なく食べられる量です。とてもおすすめです!

 

さて、お気付きでしょうか?「冷凍ブルーベリーだと」の部分。

冷凍ブルーベリーの状態だとアントシアニン量が増える

そうなんです。生のフレッシュな状態でなく冷凍の状態の方がアントシアニンが増えるのです!これが冷凍ブルーベリーが良いよ!の根拠ですね!

冷凍することで生まれるメリットについてはヘルシーだけじゃない!内臓脂肪減少が期待できるえのきだけの栄養素とはという記事に上げてあるので別途ご参照いただければと思うのですが、アントシアニンはブルーベリーの紫色の外皮の部分に含まれています。

フレッシュな状態でも食べればアントシアニンは摂取できますが、冷凍することにより水分が凍ってできる尖った氷の結晶が外皮の細胞壁をつついて破壊し、破壊された状態で摂取することにより吸収効率が高くなるというイメージです。

 

食材によっては食材の原型のまま冷凍すると食感が変わっておいしくなくなるというパターンもありますが、ブルーベリーなりミックスベリーは冷凍すればシャーベットのようになってむしろおいしいですし、ヨーグルトにまぜてはちみつでもかければフローズンヨーグルトみたいになってとってもおいしいです!

カークランド冷凍ブルーベリー

食べかけのやつです…

 

保存の観点からしても、冷凍ならばいつでも冷凍庫から取り出して食べられるので毎日継続して食べるという条件も楽々クリアできてしまいます。ブルーベリーに限った話ではありませんが、1日や2日食べただけでは効果は出ませんし、現実的に無理のある食材や食べ方では続けたくても続かないですよね。

サプリメントを継続するのも悪くないとも思いますが、やはり食品で摂取した方が効率よく取り込めますのでぜひ、私のデザートは冷凍ベリーだ!と長い目で見て決めて、1日の終わりに召し上がってみてはいかがでしょうか!

ということでアントシアニンを効率よく摂るならブルーベリーを冷凍の状態で食べよう!というのが今回の結論になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼カークランドの冷凍ブルーベリー。裏面表記がバリバリ中国語で初見で若干ビビりましたが甘みが強く大粒でおいしいブルーベリーです。

▼ラズベリー、ブラックベリー、ブルーベリーのミックス。こちらも何回もリピートしてます。ブルーベリー率は少なくなりますが、ラズベリーが酸味が強めなのでさっぱりしたい方はこちらがおすすめ。

この記事をシェアする!

低温調理サラダチキンでワイン

こんにちはー。祝日3連休ですね…私は関係ありませんが…!

そして世はブラックフライデーという事で色々安売りしているみたいですが、これも私は大体amazonで済んでしまうのであまり関係ないという…。基本イベント事無縁の体質です。笑

さて、先日、低温真空調理で肉がおいしくなる理屈をわかりやすく解説!という事で、低温真空調理すると肉のたんぱく質がどう変化するからおいしくなるのか、みたいなお話をしました。

そこで今回は続編で、高温で調理すると何が良くないの?低温調理を薦める理由と健康効果について解説していきたいと思います!

 

まず「高温調理」の定義ですが、ここでは「焼く」「揚げる」のイメージです。

この高温調理、いったいどうして大量摂取を避けるべきなのかなのですが、焼くなり揚げるなり、こんがりきつね色に仕上がる料理はとってもおいしいのですが、その焦げ部分にはAGEs(終末糖化産物)という物質が発生しています。

このAGEs、老化の原因になる物質でして、食べると体内に蓄積してしまい、しかもなかなか去ってくれないという非常に厄介な物質なのです…。

AGEsは糖とたんぱく質が反応してできるので、例えば照り焼きとか、濃い味付けして焼いたお肉とか、すごく含まれるから大量に習慣化して食べるのは良くないよーっていう話なのです。焼き鳥とかもあまり良くないっていう以外なお話なんですよね…。おいしいんですけどね、焼き鳥…。食べるにしてもたまににしましょう。

そこで低温調理。低温でゆっくり加熱して、こんがりさせるにしても仕上がったものをバーナーで焼き付ける(メイラード反応)とか、フライパンで短時間焼き付けるとか、そういう調理法を取ればAGEsの発生を防ぐことができるんですね。

という事でこの辺が低温真空調理のおすすめ健康ポイントになります。低温調理の他にも私がよくやってる「蒸し煮」とか「煮る」なんかはおすすめです。

低温調理サラダチキンでワイン

安上がりにおいしく楽しめます。笑

いかがでしょうか、ざっくりおすすめされた感はありますでしょうか?笑

あとは以前にポリフェノール摂取の味方!ブルーベリー、ミックスベリー!という記事を上げましたが、ブルーベリーなどのベリー系は抗AGEs作用があります。ベリー系は本当に優秀で、メンタルの改善なんかにも効果ありのようなので食事に取り入れる事、おすすめですよ!

 

という事で本日はここまでです。低温調理は便利で簡単、プラスこんな健康効果がある魅力的な調理法です。温度や時間の設定を見極めておいしく健康的に調理していきましょう!

この記事をシェアする!

ラズベリー・ブルーベリー・ブラックベリーのミックスベリーヨーグルト

毎日習慣化させて食べているのがこちら。

ラズベリー・ブルーベリー・ブラックベリーのミックスベリーヨーグルト

ラズベリー・ブルーベリー・ブラックベリーのミックスベリーヨーグルト。

今回、まずヘビロテしている大のおすすめから載せてしまいますが、メンタリストDaiGoさんも食べている、「カークランドのミックスベリー」

コストコの会員の方はコストコで買えば送料取られないのでその方がおすすめ、というかすでにコストコユーザーの方はご存知ですよね…

私はコストコが近隣にない事があり、たとえ送料含まれていてもamazonで買ってしまいます。本当便利ですよね、amazon。なんでもamazonで買ってます。プライム会員です。

ちなみに上記は冷凍便なので冷凍送料600円くらい?含まれてます。それにしても買いに行く手間と時間を考えたらね…玄関まで届けてくれるわけだし!

そもそも1.8kg入りなので1回買えば2か月くらいは食べていられるはずです!

 

ベリー類はポリフェノール豊富ということで、毎日習慣化させて主にヨーグルトで一緒に摂取しています!

健康効果もそうですが、何よりさっぱりしておいしいです!夕食のシメにはこれ、これを食べたら終わり!と決めています。

カークランドのミックスベリーはラズベリー・ブルーベリー・ブラックベリーの3種類ミックス。それぞれ一粒一粒がごろっとしていて食べ応えあります!

個人的にカルディのミックスベリーよりおいしいなと感じます。

 

さらにお砂糖でなく、フラクトオリゴ糖使ってます!

 

ちなみにDaiGoさんのキッチンにあるのはこのでかい容量のサイズ…

これだとかなり容量大きいので、私は省スペースに収まる700gのサイズですがたくさん使う方はビッグサイズでもいいかもですね。

砂糖よりもかなりやさしい甘みで腸内環境の改善に効果ありという事で、こちらもおすすめ!私は特に腸内環境の改善が必要な人なので、積極的に取り入れています!

 

別にヨーグルトでなくても、ベリーにカカオパウダーかけてフラクトオリゴ糖とか、カカオニブかけてフラクトオリゴ糖、とか、なんでも良いのでおいしくポリフェノール摂取してます!

この記事をシェアする!