焼きナス

こんにちは!手指の乾燥がひどくてたまりません…。あちこち切れてしまって痛くて。雪が降らないどころかよくよく長い事雨すら降ってないですからね。加湿器とワセリンがマストな今日この頃です。

さて、前置き関係なしに「なすは栄養がない、は本当?焼きナスにするだけでもおいしい魅力満載の野菜に迫る」という事で、栄養がないというイメージが強くなってしまっている野菜、なすの魅力に迫ります!

そもそも栄養がない野菜なんてありませんが、おそらくなすに栄養がないと思われてしまう理由のひとつとして「ほとんど水分」という事があるかと思います。その水分、なんとなす全体の約93%が水分です!では残りの7%にかけるしかないのですが、しっかり魅力、ありますよー!

 

まず、なすにしか含まれていない健康成分が皮の紫色の部分に含まれています。その名もナスニン

このブログをご愛読いただいている方は大体お気付きかと思いますが、大抵紫色の野菜に含まれていますが、このナスニンはポリフェノールの一種のアントシアニンの一種で非常に抗酸化作用が強いんです。

皮をむいてしまうとせっかくの希少ななすの栄養をそぎ落としてしまう事になるので皮ごといただきましょう。

ちなみにナスニンは熱には強いのでこんがり焼いてOKです。ただ水溶性なのでアク抜きにと長時間水に浸すのはNGとなります。そもそもナスを食べてアクを強く感じるという事はあまりないと思うのでアク抜きの必要性ある?っていうお話ですが。変色防止に水に浸すという方は要注意です。

 

それからもう一つ魅力はあります。それは食物繊維。スポンジ状で食物繊維なんてどこにあるの?と思いがちななすですが、実は食物繊維がバランス良く含まれているんです。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、なすにはこの2つがバランスよく含まれています。カロリーも低い野菜ですし、ダイエットにも割と向いている野菜だったりするんですよね。

ということで、なすにはこんな感じで少ないながらもしっかり栄養はあります!夏野菜のイメージが強いですが、秋ナスは嫁に食わすなという事で実はなすのおいしい季節は寒くなりだしてからという事実があります。

私も先日焼きナスにしておいしくいただきましたー!

焼きナス

オリーブオイルでこんがり焼いて、生姜醤油で。定番のおいしさでした。AGEsの健康被害はいったん頭から取り去っておきました。

個人的には味付けなしで焼くだけならごま油よりオリーブオイルで焼く方が好きです。なすは油を吸収しやすいので極力大目に摂っても被害の少ない油にしておきたいところではあります。そこまで考えてはいませんでしたが。笑

という事でいかがでしたでしょうか。なすの魅力を噛みしめておいしく食していただけましたら幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼抗酸化作用についてはこちらの記事で軽く触れています。

アントシアニン豊富で抗酸化作用も期待できる紫芋について!紅芋との違いとは?

▼オリーブオイルはエキストラバージンオリーブオイルの質の良いものを。安すぎるのは100%オリーブオイルでない可能性があるので要注意です。

ささみの低温調理

こんにちはー。年末年始休みまであと一歩です、毎日寒いですがとりあえずなんとか休みまで乗り切っていきましょう!

さて、本日は久々に低温調理やってみた編をお送りします。

やってみたといってもそこまで実験的要素はないのですが、調理したお肉はこちらです!

国産若鶏ささみ肉

鶏ささみです!グラム49円でむね肉と同じ値段になってました!なんと素晴らしい。むね肉も買いますがこうなったらささみも食べますよね。

ささみと言えばヘルシーで高たんぱく、チーズと大葉と巻いて子供のお弁当に…というイメージが強いですが、私は究極的におひとりさまでいかにおいしく仕上げるか、とストイックに調理している身なので、いつもどおり科学的に適切な温度と時間で加熱していただくスタイルです。笑

今回結構量入っているのを買ってきたのでシンプルに全部まとめて低温調理してしまいましたー。

【材料】

  • ささみ…10本位で468g
  • オリーブオイル…ささみ全体におおめにまとう量
  • 塩…上記総量の0.9%
  • ブラックペッパー…お好みの量

【作り方】

  1. 低温調理器を60度で1時間にセットする。
  2. 材料全てをフリーザー袋に入れる。
  3. 設定温度になったら浸水法で袋を真空状態にしてお湯に沈めてあとは待つのみ!

今回も写真でダイジェストしてみましょう。

ささみの低温調理

ささみの低温調理

ささみの低温調理

あとがけブラックペッパーとアルペンザルツ(塩)レモン汁がかかった状態です!やっぱり固くならずにしっとりしていておいしいですねー!

あ、筋すら取っていませんが筋の存在に全く気付くことなくおいしくいただけましたよー。

 

鶏胸肉の低温調理と同じ感覚ですが、肉の厚みがだいぶ違うので設定温度を1度下げています。

他は特に何も変わったことがないので、今日は少し温度設定選定基準について書いて終わりにしたいと思います。

 

まず、今回鶏ささみなので厚みが1.5cmとしますと、肉の中心部が水温と同じ温度に到達するのがお湯に沈めてから35分後。

鶏肉にいるサルモネラ菌とカンピロバクター菌を殺菌すべく、最低56度以上での調理が必要。私は安心して食べたいので鶏肉に関しては60度以上で加熱しているので今回は60度に。

60度だと12分は最低加熱が必要なので、35分+12分=47分は必須。ここに保険をかけて60分、という訳です。

そもそもしっかり温度管理ができている事、オリーブオイルを入れて、真空状態にして、熱の通りが均一で正確であることが大前提ですが、こんな感じで基準値ははじき出せます。

 

いかがでしたでしょうか、そもそも料理写真がささみ丸ごとドカーンとお皿に乗せたものな事を若干反省しております…笑

スライスするなり、チーズのせて部分的にかるく炙って焦がしたり、そんな感じにするとより食べやすく、おいしくなるかと思います!

むね肉以上に高たんぱくなささみ肉、低温調理ならば平常通り簡単放置で手軽に食べられますのでぜひぜひ!

それでは本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼低温調理器選びは信頼のメーカー、しっかりレビューされているものを選んでください。

▼低温調理器用、ちょうどいいサイズのおすすめ容器。私も愛用中。

▼こんな便利なのあったの?な意外とおすすめなアイテム

▼最近出版された日本語版の低温調理の本

低温調理手羽元の煮汁で油そば

寒いです…いよいよ自宅の室温が10度を切りました。既に活動限界です…笑

それでは暖房つけて今日も書いていきます!

と言っても今日は軽めの話題で、先日アップした「若鶏手羽元の低温調理!絶妙においしい韓国風ピリ甘辛煮を放置するだけ簡単調理」の少ない煮汁をアレンジしてこんなの作りましたー。

低温調理手羽元の煮汁で油そば

これは何かと言いますと、油そば、ならぬ油ひやむぎです!

夏の残りの冷や麦に和えただけで何の麺に和えても良いのですが、とにかく低温調理で煮た手羽元のダシと脂が良い感じに麺に絡んで超絶おいしかった!

作り方は、ただ煮汁をひやむぎと混ぜて、醤油と少しのごま油で味を調えただけです。最終的にブラックペッパーを振りましたがこれがまた最高でした!

 

と、この油そば、油が3種類入っています。

  1. 手羽元の脂
  2. 最後に味を調えたごま油
  3. 低温調理する時に入れたオリーブオイル

割と必須脂肪酸と飽和脂肪酸がバランスいい感じになっているかと思うのですが、今回軽くお話したいのは3番目の低温調理する時に入れたオリーブオイルです。

低温調理する際にどんな食材でも基本的に必ずオリーブオイルを入れますが、どうしてオリーブオイルなのでしょう。

「体にいいから!」と言われてしまえばそれは間違いではないのですが、今回の論点ですと「加熱しても酸化しにくいから」という部分になります。

あと、低温調理する際には袋を真空状態にしますが、オイルを入れることによって食材に均一に火が入ること、あと空気が入って水面に浮いてきにくくなるという点はそもそも基本としてオイルを入れる理由のひとつです。

まず、オリーブオイルの70%~80%はオレイン酸という不飽和脂肪酸が含まれている訳なのですが、このオレイン酸は熱に強く酸化しにくいんです。酸化しにくいというのを具体的に掘り下げますと、発煙点が210度と高いので、家庭で調理するレベルでは酸化が起こらないというお話です。

ちなみに揚げ物はおよそ180度みたいなので、揚げ油にオリーブオイル使うのもったいないですが、オリーブオイルで揚げれば健康的な揚げ物が楽しめます!

という事で発煙点に達するとオイルは酸化を始めて、過酸化脂質という脂質になり、発がん性物質へと変わるから体に言い訳がなく、そもそも揚げ物はおすすめできないという事なのです。

ちなみにオレイン酸は不飽和脂肪酸の中で一番発煙点が高いです。オリーブオイルはサラダにかけるとかドレッシングに使うとか、そういうイメージが強いですが、ぜひサラダ油を撤去して普段使いの油として出迎えてあげることをおすすめします!

今回後から最終的にごま油で味を調えていますが、低温調理する時から入れないのはここに理由があって、後から少量使う分には害にならないという訳なんですねー。

という事でした!いかがでしたでしょうか。

オレイン酸は悪玉コレステロール(LDL)を減らす作用があるのでぜひ普段からデイリーユースして健康効果も高めていきたいところです。酸化した油を取ると胃もたれの原因にもなるので、おいしく食べた後も気持ちよく過ごせるように良い油で調理した料理を食べる事が基本ですね!

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

 

▼安価すぎるオリーブオイルはなんと偽物の可能性あります。ばか高くなくていいので品質の良いことがパッケージでわかるエキストラバージンオリーブオイルを選びましょう

▼低温調理器のおすすめ

▼先日、わかりやすい低温調理の本が発売されたようです

アトランティックサーモンの低温調理

こんにちは!今日は休日なのですが、何が起こったのか朝8時から目の前の一軒家のブロック塀を破壊する工事が始まり、ものすごい騒音にびっくりして目が覚めました…。

窓を全部閉めても防ぎきれない物凄い騒音。こういうのって事前にチラシを入れておくとか、そういう配慮必要だと思いますが。

あまりにもモラルがなさすぎると感じるのですが、ここまでの騒音が出ると分からなかったのでしょうか…。

 

と、そんな諸事情はここまでにして、今日は久々に低温調理ネタです。

先日は旬の秋鮭を低温調理しましたが、今回は海外産のアトランティックサーモンを調理しました。

アトランティックサーモンの特徴は何と言っても脂が多く非常にまろやかな味という点。マグロでいうところの大トロでしょうか。

アトランティックサーモン

半額な事は気にしないでください。笑

 

材料や作り方は秋鮭の時と全く同じなので記載は割愛させていただき、秋鮭の記事のリンクを貼っておきたいと思います。

魚もおいしく低温調理!旬の秋鮭を放置するだけ簡単調理

秋鮭とアトランティックサーモン、低温調理器の設定を同じにして調理したら仕上がりは問題なく出来上がるのか?という実験?です!

低温調理器の設定は55度で40分。

アトランティックサーモン

オリーブオイル少量入れるのをお忘れなく。

アトランティックサーモンの低温調理

ででーん。完成しましたー!

アトランティックサーモンの低温調理

うんうん。良い感じです。

アトランティックサーモンの低温調理

柔らかすぎて袋から取り出す際に身が崩れてしまったのでこういった写真になってしまいましたが、実食してみると非常にやわらかまろやかでとってもおいしかったです!

結果として、低温調理器の設定については秋鮭と同じ設定で問題はなかったです。

同じ設定でも秋鮭は秋鮭の持ち味のもっちりしっとり感を最大に出せてる感じで、アトランティックサーモンはやっぱり持ち味のこってりまったり柔らかな部分が再現できることが分かりました。

ただ、アトランティックサーモンの場合は特に魚感が強いので、仕上がってから最後に皮目の部分をバーナー又はフライパンでしっかり焼き付けると香ばしくておいしいです。

 

何度も書きますが、低温調理に関しては温度と時間がしっかり管理できることが大前提です、低温調理器をこれから購入しようと検討されている方は実績のある信頼できるメーカーのものを購入することをおすすめします。

 

という事で今回はアトランティックサーモンの低温調理、秋鮭と同じ設定でおいしく仕上がるのかの実験。

結果、大丈夫だった!でした。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼低温調理器はしっかり温度管理できる信頼できるものを選んでください。レビューもしっかりご確認を。

▼低温調理にちょうどいい容器。鍋でも良いですが、透明だから調理中でも中の様子が見えるのとずれた状態でもフタを載せて調理すると保温性がグンと高くなります。

インカのめざめ(じゃがいも)

日曜日にも関わらず絶賛自宅警備中です。笑 どうもこんばんは!

さて、以前にさつまいもの「あやこまち」という品種のご紹介を記事にしましたが、若干の反応が見られまして。

もしかして皆さんも、芋、かなり好きなんじゃない?という勝手な思い込みのもと、今回今更言うまでもない王道品種ですが、やっぱり激おいしいよね!のじゃがいもを取り上げたいと思います。

ということでこちらでーす。

インカのめざめ(じゃがいも)

インカのめざめでーす!

もう、この紫色っぽい褐色がかった外観(皮)、遠くの山々が見渡せる眺望(中身)、素晴らしいです。

エセ不動産屋みたいな表現したくなるくらい美しいです。

 

インカのめざめは普通にじゃがいもよりも糖度が高いので、まずシンプルな味付けで楽しむのがおすすめ

さらに食感も普通にじゃがいものいわゆる「ホクホク」というよりは「ねっとり」「しっとり」という感じで舌触りがよいのが特徴。粉っぽさが全くありません。

芋の色はかなり黄色い。さつまいもくらい黄色いのではないでしょうか。

 

で、お前これしかできないのかと思われそうですが、恒例の「蒸し煮」でいただきます!

インカのめざめを蒸し煮

 

8mmくらいにスライスして小鍋へ。塩をふりかけて50mlくらい本当少量の水を回し入れて沸騰後弱火で5~8分くらい、10分弱で串が通るようになります。串が通るまでに水がなくなるのがベスト。ですがあまりに少なすぎると鍋が焦げ付くので程々に様子を見て足りなくなりそうであれば途中で追加しましょう。

使う調味料はまさに塩しかないので品質良い目の塩がおすすめですよ。塩と一口にいっても精製塩は完全にミネラル分を取り払われた塩分の集合体なので、どうせ塩でしょ、と大袋の精製塩を購入するのはおすすめしません。調味料は良いのを使うことを私は昔からおすすめしています。調味料を良い目のものにするだけで仕上がりの完成度が格段にあがりますので。

さて、そうしてできあがったのがこちらでーす!

インカのめざめ

こちらも恒例のオリーブオイルと塩、そしてミル付きブラックペッパーをカリカリ振りかけて食べてます!

おいしすぎる…。ほんと、感動の甘みレベル。もちろんさつまいもまでは行かないですが、じゃがいもの甘みって滋味深いです…。自然のありがたみを感じる…。農家の方々に感謝ですねー。

甘みが強くてねっとりしっとり、かわいい黄色のじゃがいもインカのめざめ。

じゃがいもは腸内環境に良いレジスタントスターチも豊富です。機会があればぜひ、シンプルな調理で召し上がってはいかがでしょうか。

▼塩はアルペンザルツをおすすめしてます。品質良し、塩の出方が3パターン都度選べる便利なパッケージが良しなんです。

▼ブラックペッパーは揮発成分なのでミル付きので都度カリカリすると香りがたってたまらなくおいしいです。

▼オリーブオイルは品質の良いものを。安すぎるものはオリーブオイル混合サラダ油の可能性あるのでご注意を。

低温調理ローストビーフ

ついにやりました!つっしーさんレシピで低温調理ローストビーフ!!

以前に自己流で作ってそこそこおいしかったですが、つっしーさんレシピで作れることにワクワクでした!

今回残念ながら一部失敗してしまったので完全な再現にならなかったのですが、次回に繋がると信じてとりあえず結果をアップしたいと思います!

 

今回使ったのはこちら。

ローストビーフ用牛もも肉

スーパーで売ってる普通の牛ももブロックです。

量がちょっと少なかったかもです。今回300g前半でしたが、本来のレシピは500gくらい。このせいで火が通り過ぎたのかも、というのもひとつ失敗の理由だと思います。

なのでやはり本家のレシピに基づくのが良いです。今回の記事はあくまで私の経験論として軽く捉えてください。笑

チャンネル登録していないとレシピ見られませんが、正しい情報を発信したいのでリンクを貼っておきます!

 

 

それでは失敗しつつもいい感じで出来上がったレシピです。

 

【材料】

・牛ももブロック…500gは必要

★赤ワイン…200ml

★醤油…50ml

・ローリエ…1枚

・にんにく…1かけ分スライス

・オリーブオイル…少々

 

【作り方】

1.牛肉の水分をキッチンペーパーでよく拭き取ってフリーザー袋に入れる。

2.★の材料をフライパンで半量くらいになるまで煮詰めて粗熱を取る。そして1.の袋に加える。

3.スライスにんにくとローリエも2.の袋に入れて浸水法で真空状態にして冷蔵庫で一晩マリネする。

(1日後…)

4.肉を袋から出して水気を拭き取りフリーザー袋に入れる。オリーブオイルも少々入れる。

(マリネ液はソースに使うので取っておく。私は今回オリーブオイル入れるの忘れるという失態を犯して火が通り過ぎた…必ずお忘れなく。)

低温調理ローストビーフ

5.低温調理器を55.5度で9時間にセットして低温調理する。

ローストビーフ低温真空調理中

(9時間後…)

低温調理ローストビーフ完成

6.バーナーまたはフライパンで表面を軽く炙ってローストビーフ完成!

7.フライパンでマリネ液を煮詰めてソースを作って完成!

(つっしーさんレシピではオオバコで濃度つける事推奨、私は片栗粉で代用したのですが、片栗粉は固まりすぎるのでおすすめできない…オオバコなければまだ濃度つけない方がよいかも)

 

こんな感じに!

低温調理ローストビーフ

予定ではもっときれいなピンク色になる予定でしたが、上記の2点の失態のおかげで若干次回への反省点が生まれたかたちとなりました。でも十分良い感じ!

低温調理ローストビーフ

一晩マリネしたのでしっかり味がついています!肉を柔らかく仕上げる効果もあるそうです。素晴らしい!

次は反省点を活かしてつっしーさんのレベルに行き着きたい!

完全な成功に行き着くには失敗あるのみだと思って次回もっと上手に作れるよう頑張りたいと思います!

 

▼低温調理器はしっかりと温度管理できて信頼できるメーカーのものを購入することを強くお勧めします。

▼低温調理器を取り付ける容器は保温性の高いものであれば鍋でもなんでも大丈夫ですが、下記はサイズ感がちょうどよく、私も愛用しています。

▼オリーブオイル、たくさん使うならこちらはおすすめです。

サラダほうれん草

こんばんは!今日はサクッと聞き流せるお話です。

私がいつも神と崇めているメンタリストDaiGoさん、つっしーさんが推しに推している野菜ツートップ、ブロッコリー、ほうれん草!みなさん召し上がっていますか?

どちらもメンタルの改善に良い成分がたくさん含まれているようで、私もDaiGoさん弟子となってから積極的に食べようと思っている野菜なのですが、どちらも茹で上げてしまうと栄養素がお湯に逃げてしまうんですよね。

これは基本的にどの野菜にも共通で水溶性ビタミンが豊富な野菜、色の濃い野菜、例えばにんじんとか小松菜とかも、茹でた時にお湯の色が野菜色に染まっちゃってる感じ。あの状況がまさにせっかくの栄養豊富な野菜の大事な部分を取り逃しちゃってる瞬間なんですよね。

なので、ブロッコリーについては生でチョップドサラダにして食べる事をつっしーさんは推奨されています!まだ試してないけど今後ぜひやってみたい!

ではほうれん草はどうでしょう?

そこでおすすめなのが、サラダほうれん草です!

ほうれん草にはシュウ酸という、食べすぎると結石の原因となる成分が含まれており、生で大量に摂取すると後で大変な激痛に悩まされる事になる可能性があるのですよね。相当痛いみたいですね、結石…。

シュン酸を除去するには加熱すればよいのですが、加熱すると上記のように栄養成分が逃げてしまうというわけで。

それで今回、サラダほうれん草なら生でそのまま食べられておすすめですよー!というお話です。こんな感じで。

サラダほうれん草

2回くらい前にアップした低温調理鶏ハムもどきと一緒に写ってますが、これと組み合わせる必要はありません。しょっちゅうこんな感じなので集合写真といったところです。笑

 

お好みのドレッシングをかけて食べてもよし、オリーブオイルと塩で食べてもよし!ほうれん草独特の濃い野菜の香りは噛むと若干しますが、私はこれが大好きです。ケールの青汁とかもそんなに抵抗なく飲める人なので。

強い香りでないですし、そもそも生なのでそんなに香りが強調されて食べにくいという事もありません。よほど緑の生野菜が苦手でなければかなりおすすめです!なによりそのまま切ってサーブできるもの魅力です。

大きめのスーパーなら普通に出回っているので、見かけたらぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

▼オリーブオイルは品質が良いものを。安すぎるものはサラダ油にオリーブオイル混ぜたものという可能性もあるのでご注意を。

▼アルペンザルツは品質に加えパッケージが使いやすい構造なんです。パラパラ出したい時にもドバっと出したい時にも、その中間にも対応している優れもの。