ブロッコリーの茎バキバキに割れてる

いつもお越しいただき誠にありがとうございます!極力見に来たけどあんまり役に立たいなーこのブログ…と言われないようにお役立ちネタを上げていきたいと思っていますので、本日もよろしくお願いいたします。

さて、少し前に尊敬し神と崇めるつっしーさん(メンタリストDaiGoさんの料理番)が野菜の成長点についてお話されていました。

野菜の成長点については以前よりなんとなく知っていたものの、この野菜はどこが成長点、この野菜はこっちが成長点、とか詳しく考えることもなく買ってきたまま未処理で冷蔵庫内でお亡くなりになられた事例もありましたので、今回身近な野菜の成長点について少し考えてみる事にしました。

という事で今回は「野菜の成長点って?野菜を長持ちさせる方法とは」をお送りしたいと思います!

そもそも野菜の成長点って何のことやら?といった方が多いかと思います。

成長点とは、その名の通り成長するために栄養が集まってくる部分の事を指します。成長点に養分を集めて大きくなってるという事。そして収穫前はもちろん、収穫後根っこから切り離されて出荷され、スーパーに出回ってからも実は成長しようと頑張り続けているんです。バイタリティに満ち溢れてますよね!

ではこれがどういう事かと言いますと、私たちが普段野菜を買ってきて冷蔵庫、野菜室に入れてからも野菜は成長し続けているという事なのです!そして、成長しているという事は、成長点に栄養を集め続けているという事なのです。

つまりは、収穫後はできれば私たち消費者が最大限に野菜のもつ栄養素を丸ごといただきたいところが、野菜自身は成長点に栄養を集め続けるので、可食部分から成長点へと栄養が移動し続けるという訳なのです。(成長点は茎の最先端部分周辺で、普通食べない部分)

なので、それを防ぐべく、成長点を破壊した状態で保存しておけば、買ってきた時と変わらない状態と栄養を長期間保てるという訳なのです。成長点の破壊は野菜によって場所、方法様々ですが、

  • 白菜…芯の部分、葉の内側が成長点。切れ込みを入れる or 爪楊枝を数か所奥まで刺す/葉の内側から食べる
  • キャベツ…芯の部分が成長点。芯の部分に切れ込みを入れる or 爪楊枝を奥まで数か所刺す
  • レタス…芯の部分が成長点。芯の底から爪楊枝を奥まで数か所刺す
  • にんじん…上の食べられない芯の部分と先端を切り落とす

こんな感じです。すぐに実践できるのばかりなので、ぜひ今冷蔵庫に入っている野菜に実践することをおすすめします!

実際にこれを実践するとしないとでは保存力に天と地の差が生まれます。最近だとレタスなんてびっくりするくらい長持ちして、1ヶ月くらいほぼ買ってきたままの状態とみずみずしさを持続できました!これには本当に驚きました…。

他には野菜によってはエチレンガスを発生するので、野菜室の中で他の野菜がエチレンガスを浴びてしまって劣化する、という事もあるので注意。(こういう事です…→買って2日のブロッコリー、野菜室で茎が破裂事件…

最後に、野菜の持つポリフェノールが活性酸素によって酸化して変色、劣化するので、なるべく空気に触れさせないように保存しておく事も大事です。基本的なところですが、こんなところになります。

 

ここまでいかがでしたでしょうか?芯の部分に爪楊枝を刺すくらいなのですぐにでも実践したいところですよね!手軽すぎてびっくりするくらい。

同じ野菜を食べるのであれば極力おいしい状態で、栄養も抜けていない状態でいただきたいのはどなたも同じかと思います。簡単なご紹介でしたが、ぜひ実践してみてください!

本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼爪楊枝を刺すのはちょっと気が引ける…という方はこんな便利アイテムあります。

▼活性炭リフィルがエチレンガスを吸収してくれるという優れもの。容器は通気性のよい構造で、これに野菜を入れて容器そのまま冷蔵庫に入れるだけという野菜の保存に特化した容器と専用リフィル。

ブロッコリーの茎バキバキに割れてる

こんにちは!あのですね、早速今日の話題なのですが、昨夜びっくりした出来事がありました。

本当に驚いて目を疑ったのですが、まずはこちらをご覧ください…。

ブロッコリーなのですが…

ブロッコリーの茎バキバキに割れてる

分かりました…?

ブロッコリーの茎バキバキに割れてる

茎、外側がなくなってるし、しかも何…繊維質むき出し…?外側どこ行ったん…!?バキバキに破裂してるー!!!

最初目を疑って恐怖でした。

このブロッコリー、日曜日にスーパーでめちゃくちゃ鮮度の良い国産ブロッコリーが特売の売り出しになってて買ったんです。今までで一番鮮度良いんじゃないのかと感動したくらい。買った時は確かにこんな状態ではなかったんです。

それが翌2日後の火曜日野菜室から出したらこの有り様だったという訳です。

ちなみに2個買ったのですが、2個とも…

ブロッコリーの茎バキバキに割れてる

ブロッコリーの茎バキバキに割れてる

破裂し始めてました…。

 

買った時の様子としては、この茎の割れていた辺りにある突起の部分が紫色になっていて、むしろ新鮮そのもののイメージだったんですよね。

色々調べたのですが結局ここまでバキバキに割れて組織が破壊されたのは原因不明のまま…。ネットでなんでも調べがつく世の中、ブロッコリーについて調べたらそこまでの情報が出てこず原因が特定できなかった事が意外中の意外でした…。気になって仕方ないので引き続き調べようと思いますが、現段階で思い当たる事は下記。

  • 成長ホルモンのせい
  • エチレンガスのせい
  • 紫色の物質のせい

収穫されてからも成長しようとしてどうしようもなく破裂した or ブロッコリーが自ら出したエチレンガスで劣化した…??

あくまで推測です。あと食べた後に口内炎ができたんですよね。しっかり加熱して、食べた量としては1/3房くらいで大した量ではないのに口内炎。むしろビタミン類豊富なブロッコリーを食べて口内炎改善!のはずがこのタイミングで口内炎おかしい…。

ちなみにブロッコリーは口内炎ができるどころか(程よい量、1日1房くらいまで)食べてメリットになることづくめの栄養価満点の野菜です。食べて口内炎になるなんてことは私自身もこれまでありません。

今回謎が深すぎて色々と解決出来ずじまいです。ネットで調べてもこの現象が特定できる写真すらなかったので、この現象が起きた方には今回のこの記事、共感していただけるかと思います。

いやー、本当に恐ろしい光景でした…。それにしても割れた茎の外側の部分、どちらへ旅立たれたんでしょう…。原因究明に努めます。

 

▼2019/01/25追記。やはり鮮度が良すぎて成長が止まらなかったのではという確率高いです。エチレンガスをフィルターで吸収、通気性をも考慮したこういった保存容器を使うのもありです。