えのきだけの健康効果について

こんにちは、本日はえのきだけについて取り上げてみようと思います!

えのきだけ。独特の食感と何も味付けしなくてもまろやかなキノコダシの風味が絶妙でおいしいですよね~。それが嫌いという方も中にはいらっしゃると思うのですが…

どこにでも売っているキノコ。しかも年間通して比較的安い、しかもヘルシーで食物繊維豊富なえのきだけ。ヘルシーなイメージは漠然とありますが、実際食べてどんな効果が期待できるのか、改めて魅力満載ですので見ていきましょう!

えのきだけの健康効果について

まずはご存知、キノコ全般に豊富な食物繊維について。

生のえのきだけ100gあたり3.9g含まれており、うち3.5gは不溶性食物繊維となっていましてキャベツの2倍の含有量となっております。非常に優秀ですねー。

と言われてもうーん…という感じかもしれませんが、できれば不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を2:1のバランスで摂ると良いと言われているので他の食材で水溶性食物繊維も摂るといい感じです。

私は水溶性食物繊維に関しては難消化性デキストリンを日々お茶やコーヒーに溶かして摂取してますが、手軽なのでおすすめではあります。

ちなみに不溶性食物繊維は水分と一緒に摂るとカサが増して腸を刺激しながら便を押し出すような効果があるのですが、食べ過ぎると逆に便秘になったり軟便になる可能性があるので食べる量にはご注意を

えのきだけとキャベツの蒸し煮

えのきだけとキャベツを水をパラっとかけてただ蒸し煮しただけなのにおいしい。

 

そしてここからはえのきだけに含まれる栄養素のお話でして、研究者による人体実験をクリアしているデータなので信ぴょう性が高いです。

えのきだけだけに含まれる脂肪酸、その名もエノキタケリノール酸という内臓脂肪の減少効果のある脂肪酸がありまして、昨今テレビとかで取り上げられてご存知の方も多いのではないでしょうか。

テレビで見たものを鵜呑みにするのはいかがなものかと思いますが、エノキタケリノール酸については摂り方さえ工夫すれば効果期待できるかと思います!

実験ではエノキタケリノール酸を2週間摂取したところ内臓脂肪が22%減少したという事なので、まずは継続して摂取がマストです。なんでもそうですが…。皮下脂肪でなく内臓脂肪が減少という事で効果があればなかなかいい感じですね!

摂り方ですが、エノキタケリノール酸、あとキノコ全般に含まれているキノコキトサンなどはキノコの細胞壁に含まれていると考えられているので、生のエノキをそのまま調理してもおそらく摂取ができません!

細胞壁を壊した状態で食べればOKという事なのですが、ではどうしたら良いか。

一番手軽で手っ取り早いのが冷凍です。

先日のつっしーさんの料理チャンネルで冷凍調理法がありましたが、まさしくこちらです。つっしーさんが言っていた通りで、冷凍してできる氷の結晶のようなとげのようなものがキノコの細胞壁に刺さって破壊します。そして解凍される際に刺さったとげが溶けてなくなるので解凍後は細胞壁が壊れた状態になっている訳です。

凍って溶けると水分が抜けてふにゃふにゃになっている、あの現象ですね。つっしーさんの解説が非常に分かりやすく、改めて謙遜いたしました!

ただ先日も少し触れましたが、完全に解凍した状態では成分も旨味も霜に流れ出た状態になってしまうので、冷凍したえのきだけを料理に使う際には凍ったままで鍋やフライパンに投入する事。これが鉄則です。

エノキタケリノール酸は生のエノキ100gあたり800mg含有、横浜薬科大学の渡邊泰雄教授らの研究でβアドレナリン受容体刺激を介した脂肪分解促進作用が寄与している可能性があると認められた実証データになります。

えのきだけをおいしく食べるにはできれば生で新しいうちに食べるのがベストかと思いますが、使いきれずにやむを得ず冷凍した場合はぜひこれを意識して調理してみてはいかがでしょうか。

 

という事で少し長くなりましたが、何かの参考になりましたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼水溶性食物繊維はお茶やコーヒーに溶かせば手軽に摂取できちゃいます。主なトクホのお茶の正体。

▼冷凍する際は空気に触れないようにフリーザー袋に入れた状態で空気を抜いて。

▼冷凍するのはちょっと、という方はもちろん乾燥えのきもありです。手軽さも◎

この記事をシェアする!

キャベツとえのきだけの蒸し煮サラダ

こんにちは!関東は最近晴れ間が差すことが少なく日照時間がもうちょっとほしいと感じる今日この頃です。

本日も外はどんよりですが、張り切って更新したいと思います!

昨日、常備菜のようなつくおきレシピのような簡単なものをアップしたのですが、やはり簡単にすぐできるものが良いのでしょうかね…、たくさんご覧いただけているようです。

という事で、連日になりますが簡単すぎる蒸し煮レシピネタでいきたいと思います。

最近当ブログのInstagramを開設しまして、そちらの方で既に写真と簡単なコメントはアップしたのですが今一度こちらに上げます。

本当に蒸し煮するだけなので料理と呼べるのか不明なところですが、食材の大量消費、冷蔵庫の整理に役立ちますのでぜひ!

 

【材料(作りやすい量)】

・キャベツ…1/6個程度

・えのきだけ…1袋

・塩…小さじ1/2くらい

・水…50ml~100mlくらい少量

 

【作り方】

1.キャベツはざく切りに、えのきだけは石づきを切り飛ばして3分割の長さくらいにザクっと切る。

2.小鍋に1.と塩、水を入れてフタして7~8分くらい蒸し煮して完成!

お好みでポン酢やドレッシングなどかけてお召し上がりください!

キャベツとえのきだけの蒸し煮サラダ

 

もう一度言いますが、蒸し煮するだけなので簡単です。料理じゃないと言われてしまいそうなので。笑

このブログでは蒸し煮をちょこちょこ推していますが、外食だとグリーンサラダを食べる機会がどうしても多いと思うので、ぜひおうちごはんではあったかいサラダをいかがでしょうか、という面でもおすすめしています。

大目に作ってもカサがものすごく減るのでタッパーに入れて冷蔵庫で3日くらいは日持ちしますので、温サラダ感覚の常備菜としてお役立ちです。きのこは上質な繊維質を豊富に含んでいますので、作っておくと便利に食物繊維が摂れますよー。

塩味は付いているのでそのままでも、オリーブオイルかければちょっとしたワインのアテにもなります!

以上、簡単ですが料理の手始めとしてもぜひいかがでしょうか!

 

▼塩はアルペンザルツをおすすめしてます。品質の他の理由の一つとしてパッケージの作りがパラパラ、シュシューッと、ドバドバと3パターンの出方で調節できるという便利な仕様になっているという事も。

▼私が使用中の鍋です。取っ手が外せて洗い物する時にも省スペースでおすすめ。しかも重ねて保管できて場所も取らない。

この記事をシェアする!