傷んだ紫芋

こんにちは。暦上では春ですが、まだまだ室温が10度程度になる寒い日々、さつまいもが低温障害なり傷みやすい気候、いかがお過ごしでしょうか。

という事で今回は、先日紫芋を食べようとした際に買ったばかりですががっつり痛んでおり、この痛み方は食べたらまずいよー!という写真を撮ったので、それをご紹介したいと思います!結構グロいですがご容赦ください…。

では早速ですが傷んだ紫芋の写真です。

傷んだ紫芋

見事に傷んでますね…。結構な面積こんな感じでせっかくの紫芋なのに残念な気持ちになります…。冬なので仕方ないね…。

 

さつまいもの変色については以前に「緑や黒色のさつまいもの変色について。変色が起こる原因とポリフェノールの関係とは?」という記事を書いたので併せてご参照いただければと思うのですが、紫芋が傷んだ時の色ったら他にないグロさなんですわ…。

なんというか、毒キノコみたいな。もう明らかにコレ食べたらあかんやつよねっていう。見事にまっピンクです。

普通のさつまいもが傷んだ時は傷んでない時に黄色の部分がちょっとクリーム色になったくらいで、あー、傷んでるのかー、とちょっと残念な気持ちになるくらいですが、紫芋の場合はこのピンク色ですからショックが大きいです。ちなみに傷んでいる部分は変色の他に、見た目ツブツブしています

 

そもそも包丁が当たった時に柔らかくなっているので誤って食べてしまうということはあまりないかと思いますが、まずさつまいもを洗う時に表面を全体触ってみて、ちょっとブヨっとしている部分があったらスライスして中身が傷んでないか確認してから蒸すなり焼くなりすることをおすすめします。

もしもこのように傷んでいる部分があったらその部分はしっかり切り落とすこと。傷んでいる部分は1箇所とは限りませんからスライスしながら他に傷んでいる部分はないかチェックしましょう。

最後に、さつまいもの端の方がしわしわになる事がありますが、これは乾燥により水分が抜けてしわしわになっているだけなので、食感グニャグニャで決しておいしくはありませんが食べてしまってもそこまで問題はありません。

という事で写真を例に紫芋の傷んだ例のご紹介でした。

室温が10度を切り始めるとさつまいもは低温障害を起こして傷みやすくなります。部屋の比較的暖かい場所に保存するとか、タオルをかけて寒気にさらされるのを防ぐなどすると少しは予防策になりますので、極力傷みで可食部を減らさないようにしていただければ幸いです!何より冬場は買ってきたら早めに食べてしまうのが一番です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼置き場所に余裕があるのであれば新聞紙に包んでから発泡スチロールに入れて保存するのもひとつの手です。夏場の場合は冷暗所に保管しましょう。

さつまいもの変色について

暖冬の昼下がり、いかがお過ごしでしょうか。本日もご来訪いただきありがとうございます!

本日は、個人的に大好物であり、栄養面的にも常に推しているさつまいもについて書いていこうと思います。

さつまいもコラムの中でも、誰しも見つけて不安になった事があるであろうさつまいもの変色の原因について簡単にご紹介いたします。

今回はちょうどいい写真が撮れたので、緑色や黒っぽい変色について取り上げますが、ではまずはちょうどよく撮れた写真というのがこちら。笑

さつまいもの変色について

アップにしてみますと…

さつまいもの変色について

うーん…こうなるとせっかくおいしいさつまいもがちょっとグロテスクに見えますよねぇ…

ですがここでちょっと待った!!やばい!カビてる!腐ってる!と焦らないでください!この場合は食べても平気なやつです!

確かにさつまいもはカビる事があります。よく発生するのはさつまいもの先端部分。蜜芋だと蜜が吹き出す部分によくカビが発生しますが、この場合でも大目に切り飛ばしてしまえば問題なく食べられますのでご安心を。

今回はカビではなく変色についてですので、写真のようなケースのお話をしますね。

まず、さつまいもは大抵このような緑のような黒のようなグロテスクな色に変色します。

理由はさつまいもの持つ下記の栄養成分が関係しています。

  • クロロゲン酸
  • ポリフェノールオキシターゼ

大抵変色している場合はクロロゲン酸が反応して変色したものでして、決して悪いものではありません。

クロロゲン酸はコーヒーなどにも含まれるポリフェノールの一種でして、つまりはさつまいもの抗酸化作用の大元みたいなものですので食べても全く問題ありません。アルカリ性の物質と反応すると緑色に変色する特性があるので、例えば海藻とか、塩なんかもアルカリ性ですね、そんな食品と一緒に調理すると緑に変色が起こるという訳です。

ポリフェノール、つまりはアク(灰汁)なので、切ってからの変色を防ぎたいのであれば水につける事で変色防止策となります。ですがしかしせっかくのポリフェノールを減少させる行為なので個人的には健康体の方にはあまりおすすめしません。

または、ポリフェノールオキシターゼという消化酵素の反応かもしれないです。

ポリフェノールオキシターゼは分かりやすいところで緑茶に含まれている消化酵素でして、酵素に触れると黒く、褐色になるという特性があります。

緑茶が紅茶になるのがまさにこれで、緑茶のカテキン類がポリフェノールオキシターゼの消化酵素によって発酵して紅茶の成分に変わる事によって、緑茶が紅茶になります。熟成とはまた違います。

ですのでこちらも食べて全く問題ありませんのでご安心を。

以上を踏まえて、いざやばい色に変色していても物怖じせずにご対応いただけましたら幸いです。笑

 

追伸としまして、さつまいもは低温障害で変色するというよりも黒く傷むこともありますので、いやこれはそれとも違う、様子がおかしい…という場合にはちょっと立ち止まってくださいね。

さて、こんな感じで本日はクローズしたいと思います。少しでもお役立ていただけましたら嬉しいです。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼そもそも切ってからの保存はおすすめしませんが、どうしてもの際にはフリーザー袋をに入れて空気が入らないようにチャックを閉めて保存してください

五郎島金時の蒸し煮

分2018年大晦日、いかがお過ごしでしょうか。良くも悪くも年は変わりますので過ぎ去ったことは忘れるべくことは忘れ、良かったことは更に来年に活かしていきましょう!

当ブログもおそらく年内最後の更新になります。が、私は正月でも、どうせならおせちじゃなくて体にいい自分の好きなもので質のいいものを食べる派の人間でして。

先日こちらのさつまいもを非常においしくいただきました。

五郎島金時

五郎島金時です!

ブランドさつまいもですねー、パッケージも工夫されてるなーと感心です。

赤透明に赤い模様の袋にパッケージすることでさつまいも自体が赤っぽく、魅力的に見えるという効果の利用でしょうか。みかんが赤い網のネットに入ってるのと同じ効果ですが、そういう効果があるんです。ちゃんとしてるなーと思ってしまいます。

さて、こちらの五郎島金時。石川県金沢市の五郎島地区などで栽培されているさつまいもで、「高系14号」という品種です。加賀野菜のひとつとしても認定されています。

そして、栽培はなんと五郎島地区の海岸に面した砂地とのこと!さつまいもの栽培に適した環境なのだそうです。驚きです。

 

五郎島金時は初めてだったのでまずはいつも通り味が顕著にわかる蒸し煮に。

【材料】

  • 五郎島金時…3本
  • アルペンザルツ(塩)…全体に軽くパラパラ振りかかる量
  • 水…50mlくらい

【作り方】

  1. 五郎島金時は7mmくらいに輪切りにして小鍋に並べる
  2. 塩と水を振りかける
  3. フタして沸騰するまで強めの中火、沸騰したら弱火で9分目安で蒸し煮する
  4. 少し蒸らして完成

水の量は蒸しあがった時にちょうどなくなる量を慎重に狙って50mlくらいにしてます。

五郎島金時の蒸し煮

狙い通りに蒸しあがり、ワクワクソワソワしながら実食…

すごくホクホク!そしてものすごく上品ーな甘み!なんとおいしいの…。素晴らしいです!

輪切りにして蒸しあげた断面はさつまいもの密が目に見えて分かるくらい。

少量の塩と水だけで蒸しあげているのにも関わらず、なんというか、グラッセみたいな見た目になってる。色は白っぽいのですが、糖度が表れてて若干粉が吹いてホクホクしている、かといって粉っぽいわけではなくしっとりとまとまっている感じ。

うーん…なかなかないですねこの上質な、上品な感じ…すごいです。栽培のこだわりをひしひしと感じますねー。大変おいしくいただきました。

 

先日器の記事もアップしましたが、輪切りにして味付けなしで蒸しあげて、ちょこんとひとつふたつキレイ目のお皿に乗せるだけでも一品になるようなこだわり抜かれたさつまいもです。ぜひとも味わって実感していただければ幸いです。

それでは、今年たくさん記事を見に来ていただいた皆さま、本当にありがとうございました!今後とも何かの参考になるような記事を書いていければと思っておりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!それではよいお年を!

▼蒸し煮する時の塩は必要最低限度質の良いものを。味を大きく左右します。

無水鍋でシルクスイートの焼き芋

こんにちは!ひたすら寒い日々が続いております。日が差さない日に最低気温マイナスとか、相当体に堪えます…。もうちょっと耐久性欲しいので代謝を上げる必要あるなと実感しているところです。

さて、そんな薄暗くて寒い日に持ってこいの話題をアップしたいと思いますよー!

先日、「無水鍋で安納芋の焼き芋!ねっとりとろける仕上がり…だけどなぜか甘くない!「安納芋の焼き芋が甘くならなかった理由検証&火加減で鍋の温度はどう変わる?」と題しまして、食感は焼き芋ならではという仕上がりながらも、残念ながら甘さが引き出せなかったという記事をアップしました。

そこで、安納芋ではありませんが、前回の失敗と考察を汲んで再チャレンジしました。使った調理器具はもちろん変えていません。

無水鍋です。さつまいもの品種は安納芋とまではいかないものの、しっとりと上質な甘みを持つ焼き芋に適した品種、シルクスイート

さて、今回どうなったのでしょうか。写真を見ながら工程と変更点を書いていきます。

無水鍋で焼き芋

なんのこっちゃな写真ですが、これどういう状況かと言いますと、

  1. 鍋底にくしゃくしゃにしたアルミホイルを2枚敷く
  2. くしゃくしゃにしたアルミホイルで洗って濡れたままのさつまいもをくるむ

という、さつまいもの温度が上がりすぎないようにアルミホイルで断熱性を強化した状態です。

フラットなままのアルミホイルよりもくしゃくしゃにした方が断熱性が高くなるためこんなかたちにしました。

この状態でフタして前回同様、とろ火で40分蒸し焼きにします。

さて、そしてこんな感じに出来上がりましたー!

無水鍋でシルクスイートの焼き芋

アルミホイルで強化したので焦げ目は少ないですが、しっかり焼けています!

割ってみると…

無水鍋でシルクスイートの焼き芋

成功です!食感はシルクスイート本来のねっとりとまで行かないしっとり、そして甘さもしっかりあります!にわかにこんがり焦げた香りもとってもいいです。ちなみに乾燥している感じもなく、アルミホイルの中で熱がこもって湿気が保たれた状態で糖化が進んだ感じです。

前回も書きましたが、焼き芋が甘くなるのは、さつまいもが持つ消化酵素βアミラーゼが65度~70度あたりで麦芽糖を生成するから。この温度帯を長く保つことがポイントなんじゃないかという事でアルミホイル厳重で試してみたのですがやはり身をもって痛感しました。良い経験になりました!

ちなみに無水鍋には食品が直接当たっていないので、軽く水洗いすれば済むという後片付けも非常に楽ちんというのが嬉しいポイントです!

という事で今回は成功しました。笑

さて、本日はここまでです。曇り空のうすら寒い日、焼き芋最高にあったまります!無水鍋なら包んで焼くだけで簡単なのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼無水鍋は高価なものでなくて昔ながらのシンプルなもので事足ります。焼き芋以外に手間いらずを痛感できるのはカレー。

材料と少量の水を入れて放置して加熱すれば普通に作るのと比べ物にならないホクホクのおいしいカレーの出来上がり。

安納芋の蒸し煮

こんにちは!本日もよろしくお願いいたします。

先日、アントシアニン豊富で抗酸化作用も期待できる紫芋について!紅芋との違いとは?という記事を上げました。無水鍋でじっくり加熱したつもりが思い上がりだった記事ですね。笑

そこであれからどうして甘くならなかったのかすごく調べました。

安納芋に限らずさつまいもの加熱に役立つ情報を掴みましたので、それを今回ざっくりまとめてみようと思います!

まず、前回失敗した記事で上げた写真をもう一度上げますが、こんな感じで焼き芋にしました。

安納芋を無水鍋で焼き芋に

無水鍋にアルミホイル敷いて、そこに洗ったままの安納芋をのせるスタイル。

これだとさつまいもが高温になりすぎたのかなと思っています。

アルミホイルは断熱性があるので、鍋底に敷くのでなく、さつまいもをぐるぐる包んで焼き上げれば少し低温を保てたのかなと。ここが惜しい点だったのではとひとつ反省。

更に掘り下げるならば、アルミホイルをくしゃくしゃにしてボリュームを持たせて巻き付ければよりゆっくり熱が入る計算になる様子です!

そもそもさつまいもに含まれるβアミラーゼが活発的に働く温度は30度~65度までの間なので、そもそもそもそも低温調理器で良かったのでは説が今更ながらあります…。

BONIQさんの公式ブログでも既に試してますね…。温度設定は高いので低温と言いながらも結構な高温ですがかなり試行錯誤されているようなので信ぴょう性高いです。

肉魚と違って野菜いも類は一定の高温にならないと柔らかくならないはずですし、BONIQさんのが正解なのかもしれないですねー。

どれが美味しい?究極のさつまいも 比較実験

ただ安納芋の焼き芋にしよう!が目標だったのでやっぱり冬らしくこんがりさせたかったんですよねー。ならば低温調理終わってから焼き目をつければよかったのでは…?と実験意欲が湧いています。

さつまいもの内部が70度になるまでが糊化する温度ということで、この温度帯でじっくり加熱できれば単純に甘くなるという事なので、65度をキープしてじっくり低温調理すればおいしくなるはず。そういえば芋の低温調理、まだ試したことないですねが、いかにも使えそうですねー。今後ぜひ試してみたいと思います。

焼いもについて深く研究したい方は日本いも研究会さんの著書でどうぞ。

そして最後にもうひとつ。

先日、無水鍋で「とろ火」で40分間蒸し焼きにしたのですが、火加減でも鍋の中の温度はもちろん大きく変わります。

基本的にどんな料理でもこのブログでは強火はおすすめしていませんが、それは高温になるからというのがひとつの理由です。

どんな調理器具を使うかによりますが、ざっと

  • とろ火…140度
  • 弱火…150度
  • 中火…160~180度
  • 強火、鍋底からはみ出る火…200度越え

とこんな感じになる、と。

お肉を焼くにしても野菜を蒸し煮にするにも、基本的にはとろ火、弱火でじっくり加熱するのがおすすめという訳なのですよねー。

高温でガッシガッシ鍋振りして炒めないと男の中華は作れねぇんだよ!という方には申し訳ありませんが、低温でもその分時間をかければ基本的にはしっかり調理できます。

ちなみに残った安納芋を若干やけくそになって、いつものように少量の水と塩で20分くらい蒸し煮にしてみたのですが、やはりそこまで甘みは出ませんでした。笑

安納芋の蒸し煮

「安納芋の蒸し煮」ってあまり聞いたことないですもんね。やっぱりこうなるんですね。笑

これはこれでおいしかったのですが!

低温や弱火をうまく使うと有害成分を出さずに、なおかつ素材本来のおいしさを最大限に残して調理ができますよー!今一度日頃の調理過程でコンロの火加減が強すぎないか、見直してみてもいいかもしれません。

簡単な考察記事になりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました!

紫芋と普通のさつまいも

こんにちは!本日は私の大好きなさつまいもについて書きたいと思います!

最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

 

さて、これまでオレンジ色のさつまいも、あやこまちおすすめすぎる紅の付くさつまいも!紅はるか、紅天使、紅こがね、紅あずま、紅優甘と、さつまいもについて綴ってきました。

ですがさつまいもは本当に深いですねー。まだまだ魅力がたくさんあります。

という事で今回はまだ書いていないさつまいも、紫芋についてです!

まず「紫芋」と「紅芋」って何が違うの?問題なのですが、これは基本的には同じなようです。沖縄では紅芋と呼んでいるという事です。紅芋タルトって銘菓がありますが、食べた感じ全く普通に紫芋タルトですからね。芋スイーツは大好きで紅芋タルトもおいしいですが、なんとなく紅芋って言われると沖縄でしか味わえない感が出るもんですねー。

紫芋は普通の中が黄色いさつまいもと比べると甘みは薄いのですが上質な品の良い甘みが魅力だと思っています!神秘です。

紫色の色素の正体はもう知れ渡っているかと思いますがアントシアニンです。視機能が回復するというアレですね。ポリフェノールがの一種です。

でも視機能の他にも健康機能はたくさんありまして、中でも注目したいのが抗酸化作用です。

抗酸化作用とは、ざっくり活性酸素の抑制効果です。活性酸素とはなんぞや…と堂々巡りになりそうですが、活性酸素とは少なからず全くないと免疫が弱くなったり外から入ってくるウイルスを撃退する力も出ませんから必要なものではあります。ただ、増えすぎると正常な細胞とか遺伝子も撃退してしまうので、基本的には活性酸素が増えないようにしたいところだというお話です。

ただ抗酸化作用があるからと言って紫芋や以前書いたポリフェノール摂取の味方!ブルーベリー、ミックスベリー!もそうですが、ベリー系をガンガン食べればそれでいいというものではなく、日ごろから軽い運動してみたり、お酒の量減らしたり、タバコやめたりとバランスよく取り入れていきたいところなのですよねー。

話を紫芋に戻します。

紫芋

見た目的には普通のさつまいもと同じ、紫色の皮です。

ですがこれを切ると、

紫芋と普通のさつまいも

きれいな紫色ー!!これですね!切り口からは白い液が出てきますが便秘解消効果のあるとされるヤラピンですので気にすることなく、むしろありがたく眺めます。笑

で、これを蒸し煮すると、

紫芋と普通のさつまいも

より深い紫色になります。品種によっても違いますが。

加熱するときは低温でゆっくり蒸すなり蒸し煮するなりするとアミラーゼが活発に働いて糖化が進んでおいしくなります!

例えるならば、関東風のうどんつゆと関西のはんなりした京風だしつゆの違いのような。どっちもおいしいのですが、うまみの違い、みたいな。

今回は特に無記名の紫芋を食べましたが、先日パープルスイートロードという品種をイオンのふれあい農家でひとつだけ発見しましたので後日実食したらまたそれはそれで記念にアップしたいなと思っています!楽しみです!

 

という事で今回はざっくりとした紫芋の概要メインでお伝えする回となりました。今後もう少し品種ごとに掘り下げていければと思っています!最後まで芋づくしにお付き合いいただきありがとうございました!

↓↓↓パープルスイートロードは紫芋の中では糖度が高い品種。芋好き必見。笑

安納芋を無水鍋で焼き芋完成

どうもどうも。皆さま、この冬焼き芋は食べましたか?焼き芋、おいしいですよねぇ…

という事で本日は焼き芋の話題になります。今回焼き芋にしたのは安納芋!使った調理器具は無水鍋

まずは無水鍋の説明が必要になるかと思いますが、その名の通り水なしでの調理が基本となるアルミ製の鍋です。熱伝導率がものすごく高く、鍋内の水蒸気が対流するので水がなくても焦げ付かずに調理できるという優れものなんですよね。カレーなんか材料入れてフタして待つのみで普通に作るよりも明らかにおいしくほっくりとコクのある仕上がりになります。自分で言うのもなんですがお店よりおいしくできます…笑

昔からあるものですが、今になってバーミキュラとか流行りだしているので再注目を浴びているアイテムです。でもこれから導入検討の場合はそこまで高価なものでなくシンプルな昔ながらのもので全然OKですよー。

なのですが…今回の焼き芋、なぜか半分失敗したの巻です。それではどうぞ。笑

 

【作り方】

無水鍋にアルミホイルを敷いて洗って濡れたままの安納芋を入れる

安納芋を無水鍋で焼き芋に

フタしてとろ火で40分加熱。ただただ待つのみ。これだけ、本当に簡単です!

できたー!

安納芋を無水鍋で焼き芋完成

写真では見た目の変化がまるで分かりませんがするするっと串が通ります!

お皿に移すとアルミホイルに当たっていた面がこんがり焼けているのがよく分かりますね。おいしそうです!

無水鍋で作った安納芋の焼き芋

そして実食ー!

無水鍋で作った安納芋の焼き芋

ねっとりじゅるっと安納芋ならではの完成度です!でも…でもなぜか甘くない…!なぜ…どうした安納芋!?なにか悲しいことでもあったか…?相談ならいつでものるぞ…

なんで甘くないんだろうか…色々調べましたがこれも以前のブロッコリーの茎が破裂した記事同様、これといった原因がつかめていません。

追熟するのがまだだった、とか、いきなりバンッと高温になってしまった、とか糖化する温度に満たなかったor高温すぎたとかそんなところが失敗の原因かと思うのですが、今回無水鍋にアルミホイルを敷いてとろ火なのでこれには当てはまらないと思うのですが…。

でも実際のところ無水鍋内が何度まで上がって安納芋の内部が何度になっているかを計っていないので、たぶん糖化できずじまいで終わってしまったに違いありませんよね…。うーん、せっかく安納芋なのに心残りが残るかたちとなりました。

まだ安納芋残っているので、次回は普通の鍋でゆっくり蒸し煮にしてみたいと思います。やっぱり安納芋、難しいな!(以前にも失敗した経緯あり)

 

さて、ここまでで終わるとただの失敗した人になってしまうので、最後に安納芋うんちくを書いて締めたいと思います。

安納芋は品種登録されている「安納紅」と「安納こがね」、他に在来品種に分類されます。

安納紅と安納こがねは種子島でしか栽培できない=品種登録されているので他の地域では栽培が許されない、です。焼き芋にした時の最大糖度40度という事でものすごい甘さのさつまいもですね!

今回焼き芋にしたのはもちろん趣味で畑やってる人が作った在来種。

安納紅は皮が普通のさつまいもみたいに紫色、安納こがねは皮が薄褐色。在来種も基本的に薄褐色ですよね、安納紅、ぜひぜひ食べてみたい!おいしく焼けるようになったらぜひお取り寄せしたい。笑

普通にさつまいももそうですが、寒さに弱いので冷蔵庫での保管はNGです。腐敗してしまいます。13~15度での保存がベストです。調べによれば新聞紙にくるんで冷暗所に保存が良いとの事です。

こういう保存方法とかについてはどこのサイトにも書いてあるのに失敗論について書いてるサイトは探してもなかなかないんですよねー。こうやったら失敗した、とか、そういうの必要だと思うんですがね。失敗して、ならばこうしようって成功につながると思うのですが。という事で言い訳がましいですがこのブログでは失敗した事に関しても惜しみなく綴っています。笑

 

焼き芋以外の用途としても無水鍋はおすすめです。カレーや肉じゃがなど、具材と調味料を入れて完全放置でホクホク、味染み染みに仕上がります。

シンプルなもので十分な使い勝手です。なんと、フタは焼き物用のフライパン代わりにも使えます!

紅はるか蒸し煮

こんにちは!本日もよろしくお願いいたします。

 

さてさて、度々お伝えしているのですが、わたくし、大の芋好きなのです!どれくらい芋が好きかというと毎晩の主食は芋なくらいです。

芋の種類は問わず、さつまいも、じゃがいも、里芋…と芋なら基本的に何でも好きで、芋ではありませんがかぼちゃも昔から以上に好きでして。一時期はかぼちゃを食べすぎて手足の平が黄色になって、当時コンビニフルタイム勤務だったので、レジでおつりを返す際にこの人どうしたのかしら…と驚かれる始末だったくらいです。

それくらいとにかく芋類、かぼちゃ、あと栗なども、とにかくほくほくしっとりねっとりしている食べ物が好きなのですが、現在一番食べているのは何と言ってもさつまいもです!

そこで今回は、最近食べた「紅」の付くさつまいもの品種でのおすすめランキングを勝手に作ってみました!毎日のように食べているので、利き芋ができるくらい味の違いが分かるようになってきているので多少は信ぴょう性あるかと。笑

それでは早速いきます!1~5位まで。

第5位「紅優甘(べにゆうか)」。こちらは最近スーパーで比較的安く売られていますが、食べた感じあっさりとした甘みで食感もあっさり、という感じ。ねっとりしてません。なのでくどくない甘みと食感が好きな方にはおすすめですが、シンプルな蒸し芋、蒸し煮などの加熱法だと味は薄目に感じるかも。

第4位「紅あずま(べにあずま)」。スーパーでも八百屋さんでもよく並んでいる品種ですが、ホクホク感と程よい甘みがいつでもおいしい期待を裏切らないお芋さん。

第3位「紅こがね(べにこがね)」。紅優甘よりは味が濃い感じがしますが、食感がホクホクタイプですが粉っぽくなくホクッ…という感じ。紅あずまの品種選抜です。

第2位「紅天使(べにてんし)」。ねっとり系大好きな方に超朗報な密芋、糖度めちゃくちゃ高いです。家では食べないですが、焼き芋として買って食べると感動のおいしさ…。ただかなりねとーっと甘いので女性向けでしょうか。

そして第1位「紅はるか(べにはるか)」!ホクホク系でもなくねっとり系でもなく、しっとり系と題しましょうか、甘み、食感全てにおいてちょうどいいーと感じます!すごく上品な甘みで上質な液糖を食べてるみたいな、それでいてしつこくないので後を引く、というか。

品種コラムとしては、外観が優れている「九州121号」に、皮色や食味が優れている「春こがね」を交配させたさつまいもで、2010年に品種登録されたという比較的新しい品種なのだそうです。言われてみれば見た目も美しい気がします。

さつまいもの知識を深めたい方はこちらにてどうぞ。「美味しさ、栄養価、品種、栽培法、ルーツ、この奥深く豊かなサツマイモのすべてを語り尽くす。身近なサツマイモを掘り下げた快著。」と。勉強になります…。

私はこんな感じで例のごとく塩を振りかけて少量の水で蒸し煮にしていただくのですが、

紅はるか蒸し煮

鍋底に少し残った液がめちゃくちゃおいしいっていう…残った液なのにどうしてこんなに旨いのか…神秘です。

塩のおかげで若干の塩味があってそれプラスさつまいもの上質な甘みでイメージ的にはさつまいもシロップ。あますところなくおいしいわけなのです。毎日本当にありがとう、さつまいも、おいしいお芋を作ってくださる農家の方々…。

 

という事で完全に独自のお気に入りさつまいもランキングを発表させていただきました。完全に独自で、しっとりねっとり系が好きな目線で突き進んだ感じの結果となっていますので、人には人の好み、これは私の中でのランキングでしかありませんので何卒ご愛敬でお願いいたします。

↓↓↓お塩はぜひ体に良い品質のものを。いつもアルペンザルツをおすすめしていますが、こちらの海の精さんのは定番のおすすめ。料理はまず調味料、まず塩から変えてみるの、おすすめです。

↓↓↓ぬちまーすは自然食品店勤務時代に衝撃的だったお塩。こちらもおすすめです。お肉や魚に大事に振りかけてみてもよし。