ソネングラス(SONNENGLAS)

こんにちは!

いつも低温調理や栄養などの話題を書いていますが、今回は食べ物から一旦離れてどうしても書きたい事があるので(勝手…)ぜひともお付き合いいただけましたら幸いです。

各メディアで取り上げられているのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今回ご紹介したいのは私がここ最近で1番感動したアイテム、こちらです。

ソネングラス(SONNENGLAS)

ソネングラス(SONNENGLAS)です。

 

ソネングラスとはなんじゃらほい?というと、ざっくりフタにソーラーパネルが付いたメイソンジャーで、電源や電池のいらないソーラー充電タイプのランタンです。(公式サイトはこちら:https://sonnenglas.jp/

日光に当てて充電して最長12時間点灯可能で超エコなのですが、エコかつなんと言ってもおしゃれ、そしてお値段も手頃なのでギフトとしても素晴らしくおすすめです。(曇りの日や冬場日が差さない日でも最悪マイクロUSBで充電できる仕様)

 

こんな感じでメイソンジャーに光が反射して辺りをぼんやり照らします。

ソネングラス(SONNENGLAS)

明るさ目的ではありませんが、幻想的で何とも素敵ですよね…

 

使い方は簡単で、点灯させるにはメイソンジャーに付いている磁器をソーラーパネルの「●」の印部分にパコっと当てればON、外せばOFF。

中にお好きな小物を入れてアレンジも自在でデザインの好き嫌いもありません。これ貰ったらかなり嬉しいですねー。二つ目、三つ目でも嬉しいくらい、とても気に入ったので記事にしました。笑

実は私は使っている人の動画を観てたまたま知ったのですが、既に各メディアで取り上げられているようです。

 

私がそこまで気に入った経緯は、自宅のキッチン付近と脱衣所には窓がついていないので晴れている日中でも日が差さず暗いので電気が必要でして。

引越したのが半年前くらいなのですが、引越し前は小窓がたくさんあったので日中は電気はつける必要はなかったのが、引越してから案の定電気代がその分上がりました。

他の要因として、現自宅は24時間換気の物件だったりもするのでその辺りも関係していると思いますが、キッチンや脱衣所はLEDではないのでどうにかしてそういうちょっとした所で使う電力を減らせないかなーと考えて諦めかけていたところ出会った、というわけです。

 

明るさは読書ができるくらいのぼんやりですが、実例ですと…

例えば脱衣所はソネングラスにしたところ、ソネングラスから離れると暗いので、歯磨き、ドライヤー、おまけに風呂上がりの習慣にしているスクワットも他に気をそらすことなくシングルタスクで片付いています。ある意味ミニマリスト向けでもある気がします。

ソネングラス(SONNENGLAS)
ソネングラス(SONNENGLAS)

あとはやはり雰囲気が良いので、ソネングラスを灯してワインとか。いつもの1000円くらいのワインでもなんとなく通常よりゆったりおいしく味わえますよね。笑

 

ソネングラスは南アフリカの電気が通らないところが発祥で、既に200万人に選ばれているということですが、日本には2018年2月に公式発表されたということでまだ日が浅いアイテム。これから浸透するのではないかと期待しています。

電源を必要としないので災害用として持っておくのもすごくGOODです!

使用している瓶も再生資源使用、製造も南アフリカのフェアトレードで正当な雇用の確立にも繋がっているソネングラス。もちろんシーリングライトとは用途が異なりますが、こういったアイテムがあると節約の意識にもインテリアの意識も高まりますのでぜひ、ご興味ある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

という事で本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼ソネングラス(SONNENGLAS) 疑似商品もありますがこちらが公式です。

静電気の体への危険な悪影響

こんにちは。毎日寒い中いかがお過ごしでしょうか?インフル最盛期となっていますが私はかかる気がしません…。特に根拠はないですが、日頃の食生活と潔癖な手洗いうがいがストイックすぎるので。笑

さて、今回は食から外れたテーマになりますが、冬、誰しも経験すると思われる静電気についてお届けしようと思います。

パチっと電気が走って痛っ!と嫌な静電気ですが、嫌なのはもちろんのこと、知れば知るほど深刻な体への悪影響があるのはご存知でしょうか?

という事で今回は静電気の恐るべき体への危険な悪影響について書いていきたいと思います。

静電気の体への危険な悪影響

今回は静電気が起こる仕組みについては話が長くなりすぎるので割愛させていただきます。

早速、静電気が引き起こす体への悪影響を挙げますが、細かく書き出せば収拾つかないくらいたくさんありますが、ざっとこんな感じで、

  • せっかく摂ったカルシウムやビタミンCが流失
  • 血流が悪くなり血液がドロドロになって、肩こりや頭痛など引き起こしやすくなる
  • 静電気が家中のホコリをかき集めてアレルギー因子を引き寄せてアレルギー悪化
  • ストレスをはじめメンタルが悪化する

「嫌だなー、冬は静電気だから」では済まされない恐ろさを感じませんか…?

という事で出来る限り静電気から恩恵を受けないように工夫したいところでして、身近なところでどんな工夫をおすすめしようか考えたのですが、やはり着目すべきは冬に発生しやすい点。つまりは乾燥している事で静電気が発生しやすくなるという事なので、まずは生活に潤いを増やしてみてはいかがでしょう!

潤いを増やすだけならば体の内・外で簡単な工夫ができます。

内側なら例えば

  • ミネラル分の多い食生活をする
  • 水分をこまめに飲む

外側なら

  • 加湿器を炊いて部屋の湿度を上げる
  • 観葉植物を育てる

なんておすすめです。余談ですが、私はエアプランツを30体弱育ててます。エアプランツについては書き出すと結構マニアックなので後日別の記事で書ければと思いますが、土がなくてもすくすく育つので導入が簡単という点でおすすめではあります。

観葉植物を置く事自体で湿度が多少上がるのと、さらに自然の緑でメンタルにも良い事が分かっています!

ミネラル分の多い食生活でおすすめなのは、

  • 野菜
  • 海藻
  • 芋類
  • ナッツ類

特殊なものではないので、冬場なら温野菜で食べるとか、おやつの代わりにナッツにするとか、そんな感じはいかがでしょう。

 

以上、静電気対策の身近な工夫リストでした。さて、簡単にまとめましたがいかがでしたでしょうか。

あとはドアノブなどのパチッ対策には手のひらを地面につけて放電するとか、常に気を付けていく事は必須ですね!

たかが静電気と侮ることなく安全に寒い季節を乗り切っていければと思います。

という事で本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼ヘビーユースしている個包装ミックスナッツ。こちらのは自然の甘みと香ばしさが素晴らしくおいしい。

▼加湿器は手頃なものでOK

▼グッズで気分を和らげたいという方は…

青い柄物のお皿に乗せた低温調理ささみ

こんにちは!年内あと1回くらい更新できればと思っております。本日もよろしくお願いいたします!

 

さて、本日は余談のお話なのですが、シンプルな料理でもおいしそうにきれいに「魅せる」器、お皿の選び方とは?という事で、料理を盛り付ける器についてのお話です。

これからお正月でおせちとか、豪華な料理、特別な料理など食べる機会が増えるかと思いますが、取り皿などにちょっと気を配るだけで、家庭でも満足度が高い食事ができるかと思いますので!

今回あまり写真をご用意していないのですが、器の色柄に関してだけ見ていきましょう。

白皿に乗せた焼きパンチェッタ

白皿に乗せた焼きパンチェッタ

 

上記は何も考えずに弱火でこんがり焼いたパンチェッタをヤマザキ春のパン祭りの白皿に乗せました。笑

パンチェッタ自体が褐色で決して華やかではないですし、何かソースがかかってるわけでもないのであまり見栄えしませんよね。

 

では、今度はこちらの写真です。

青い柄物のお皿に乗せた低温調理ささみ

青い柄物のお皿に乗せた低温調理ささみ

青い柄物のお皿に乗せた蒸し煮さつまいも

青い柄物のお皿に乗せた蒸し煮さつまいも

 

ただ低温調理しただけのささみ、蒸し煮しただけのさつまいもですが、それぞれ青い柄物のお皿に乗せただけで少し料理っぽくなっているかと思います。

これは、補色(反対色)のを利用した効果です。

ささみやさつまいものベージュ、黄色系と全く異なる色味のお皿に乗せているので引き立った、という訳です。

こうするとシンプルな料理、蒸し野菜などでもなんとなく料理っぽく映りますよね!よく料亭などでタケノコの煮物とかが単体で彩鮮やかなお皿にちょこんと乗っていますが、これですねー。

ですが、逆に同化させるという狙いを持たせて料理と同じような色合いのお皿に乗せて柔らかなイメージにするというのもシーンによっては良い感じになります。

ティータイムにはクッキーを白皿に乗せた方がリラックスタイムの雰囲気が出ますよね!使い分けが上手になれればテーブルコーディネートがうまくなるなーと思う今日この頃です…。

 

という事で、本日は料理を乗せる器選びについて軽く触れました。

お正月時期、たくさん食べる機会が増えますが視界から入ってくる情報でも満足感を増やして極力食べ過ぎ防止したいところです。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼低温調理ささみについての記事

筋すら取らずにしっとりおいしい鶏ささみの低温調理!温度と時間設定の選定基準まで!

▼野菜の蒸し煮についての記事

白ワインに合う!自家製パンチェッタと白菜じゃがいもの蒸し煮!と、蒸す事のメリットとは?

▼例えば美濃焼きの白ベース、柄もののセット。統一感が出るのでセットで買うのもおすすめ。

低温真空調理の風景

10年くらい前、フリーターだった頃はアメブロでお料理レシピブログをやってました。

時が経ち、30歳も過ぎ、少しは成長できた…か…?は分かりませんが、料理の仕方や考え方、どうしたら健康的に過ごせるのか、など歳を重ねるにつれて理屈や科学的根拠が大好きになりました。

今年に入ってからはメンタリストDaiGoさんのニコニコチャンネル「心理分析してみた!」の弟子と化し、メンタル面強化。

さらに、DaiGoさんの料理番、つっしーさんを尊敬し、低温真空調理も始めました。

この、「低温真空調理」なのですが、海外ではポピュラーな調理法のようですが、日本ではそこまで浸透していないからかググってもなかなか”やってみた”的なのがヒットしない。

ヒットしたとしてもガチガチの化学式で説明しているブログが多いので、「自分なりに調べて落とし込んでやってみたらこうだった、ここが失敗だったor大成功だった!」みたいな、単にブログとして読めるのがあったらいいな、と。

で、私がちょうど今そんな感じで日々試しながら、通常の調理では絶対に味わえない低温調理のすばらしさとおいしさを現に実感しているので、それをまとめていきたいなと思い、始めようと思いました。

まずは写真と合わせてちょこちょこ更新していきたいと思っていますので、よろしくお願いします!

 

低温真空調理の風景

低温真空調理でツナ作ってる最中…

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村