イミダゾールジペプチド豊富な低温調理鶏胸肉

唐突ですが皆さま、鶏胸肉は食べていますでしょうか?

高たんぱく、さらにタンパク質のアミノ酸スコアが高い、そして何より素晴らしい栄養価なのに安いことで愛される鶏胸肉。

しかも皮以外のお肉の部分は脂肪分が少なく言わずもがなヘルシーでおいしいですよね!私も大好きで週4~多い週は毎日食べてます。

そんな高コスパな鶏胸肉ですが、最近なんとさらなる魅力を知りました!今回は「鶏胸肉がさらに魅力的になる!イミダゾールジペプチドとはどんな栄養素?」という事で、ダイエットやタンパク質補給のために常食している方もさらに魅力的に感じられるであろうすごい栄養素、イミダゾールジペプチドという栄養素についてご紹介していきます!

 

早速ですが、イミダゾールジペプチドを手軽に摂取するには鶏胸肉、またはささみだけとなります。

そして結論からどんな栄養素かというと、体内でアミノ酸に変わる、抗酸化作用による疲労軽減効果のある栄養素なんです!鶏胸肉で疲労軽減効果??となりますが、疲労軽減にとどまらず、睡眠の質も上げるのではないかと言われています。

鶏肉でもどうして鶏胸肉やささみに多く含まれるかというと、このイミダゾールジペプチド、渡り鳥が長距離長時間飛行したり、または回遊魚が泳ぎ続けるのに使っている栄養素なんです。つまりは鳥が翼を広げて飛行する、翼の付け根の部分、胸の筋肉に含まれている、という事なんですよね。

渡り鳥が途中で、あぁ~もう限界来たし…今年はここまでで良しとするか…十分頑張ったよな俺…となってしまったら大変ですよね。笑

そうならないように、疲労が溜まってから回復でなく、疲労をため込まないように抗酸化作用を働かせてくれるというのが原理なんですねー、イミダゾールジペプチドという難しそうな名前ですがこう考えるとなんとなく納得できます。

 

では鶏胸肉にどれくらい含まれているかですが、鶏胸肉100gあたり1223mg含有しているとの事。毎日200~400mg摂取すると効果的と詳しいサイトに記載がありますので、鶏胸肉を一日に約1/2枚食べればそれでクリアしちゃいます。楽々ですね。

そして最後に吸収率を上げる食べ方、調理の仕方を書いてシメたいと思います。

大きく分けて2つ。

  1. ビタミンCと一緒に食べる
  2. ゆでこぼさない&熱に弱いので低温で調理する

ですので私はこんな感じです!

イミダゾールジペプチド豊富な低温調理鶏胸肉

anovaでもボニークでも良いのでとにかく鶏胸肉を低温調理して、サラダチキンのような鶏ハムのような感じに。

それにレモン汁、ブラックペッパー、アルペンザルツ(岩塩)をかけて白ワインにぴったりな一皿に。笑

低温調理サラダチキンについては以前に書いたのでリンクを貼るだけにしておきますが(低温真空調理で基本のき!鶏胸肉でサラダチキンの作り方)、とにかく水分が逃げずに肉のたんぱく質も変性せずに仕上がるので鶏胸肉の概念を打ち砕くようなしっとりした柔らかさに仕上がるんですよねー!これは感動ものなのですが、やってみないと実感できないです。ぜひお試しいただければと思います。

 

という事でイミダゾールジペプチドについて簡単にまとめてみましたがいかがでしょうか。単なるダイエット食材という扱いではもったいないという事がお分かりいただけましたら幸いです。

サプリメントで摂取するよりもやはり食材から摂取した方が効率よく吸収できますし安上がりですので、低温調理鶏胸肉おすすめです。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

低温真空調理で基本のき!鶏胸肉でサラダチキンの作り方

▼低温調理器リンク。しっかり温度管理ができる信頼できるものを確実に選びましょう。

▼低温調理にぴったりなおすすめ容器

▼アルペンザルツ。塩の出方がパラパラ、ドバッと使い分けられる容器なこともおすすめです。

シェリー酒の定番、ゴンザレス・ビアス社のティオペペ

皆さま、突然ですがシェリー酒を飲んだ事はありますでしょうか?

私、先日人生初シェリー酒を口にしたのですが、予備知識なしにワインの仲間だと思って原液でワイングラスに適量注いで普通に一口飲んでしまったところ、、、いやー…びっっっくりしました…。

という事で今日は人生初シェリー酒を飲んだ感想、そして教訓、予備知識などを軽く書いていきたいと思います。

 

まず私が今回飲んだのはこちらのゴンザレス・ビアス社のTIO・PEPE(ティオ・ペペ)という老舗かつ長らく人気のシェリー酒です。

シェリー酒の定番、ゴンザレス・ビアス社のティオペペ

シェリー酒にもワインと同様にブドウの品種によって甘口や辛口などあるのですが、こちらは辛口シェリー酒の定番中の定番のようでした。ボトルも素敵です。

原液で飲みにくかった理由のひとつになりますが、シェリー酒は世界三大酒精強化ワイン(フォーティファイドワイン)のひとつで、普通のワインと違ってワインの発酵途中でブランデーなどのブドウを原料とした強度のアルコールを添加して作られているお酒との事。

ティオ・ペペでアルコール度数15度なので、いつも飲んでるワインと比べたら3度くらい高いんですよね。だからか、口に入れた瞬間ブワーッとアルコールが広がって、香りもちょっと石油のような強烈な香りが口の中を支配した感じでした。後で調べて納得しました。

ちなみに世界三大酒精強化ワインとは、以下の3つです。

  • シェリー酒
  • マデイラ酒
  • ポートワイン

シェリー酒はパロミノ種という白ブドウが原料です。

 

原液で飲むのは変わった事ではないようですが、今回特に辛口だったからかもしれませんが鼻に抜けるような独特な香りとアルコール100%のような味が個人的にはちょっときつかったです。

吉田茂さんや松田優作さんも愛したお酒との事ですが、さぞやお酒に強かったんだろうなーと思います。これを普通に愛飲していたなんて相当かっこいいですねー。とはいえ私もお酒はかなり強い方なので、シェリー酒の辛口は相当クセが強いのでお酒が強い弱いはあまり関係ないかもしれません…。なんというかクセが強すぎてそのままでは目が覚めて酔えない感じの地獄絵図でした。

私の場合原液だと厳しかったので良い飲み方がないか探したところ、やっぱりカクテルのベースとして使われることが多いようなんですね。カクテルはあまり詳しくないですが、アドニスとかバンブーとか、そういったかわいらしいカクテルとして日本では愛されてるようです。

 

結果的に、炭酸水で割ってもおいしいとの事でしたがちょっと甘さがないと厳しいと思ったのでトロピカーナ割りをしてみたところ、カクテルに近い感じになってとてもおいしくいただけました。

シェリー酒独特の強いアルコールの香りと少量でも強く口の中に残る味の余韻がフルーツに合うものの、ジンやウォッカで割るのと違って大人の深みとコクが渋い味わいです!

1:1くらいで割ってちょうど良かったです。飲み方ひとつでこうも違うんですねぇ…。柑橘系、ベリー系、どちらとも合うので気分に合わせて色々試してみると楽しいのではないでしょうか。

うーん…。という事で今回学んだことは、新たなお酒の新境地を開拓する際にはおいしい飲み方までしっかり下調べが必要という事。深い大人の味わいのお酒でした。ウィスキーやブランデーが好きな方は特に試してみていただきたいです。なんでも勉強ですねねぇ。

という事で人生初シェリー酒飲んでみた!をお送りしました。最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

ゴンザレス・ビアス社のTIO・PEPE(ティオ・ペペ)

メンタブ(Mentab)

皆さま、突然ですがミントは食べておられますでしょうか?

私は長年ミンティアを毎日欠かさず何粒か食べていたのですが、先日メンタリストDaiGoさんのミントタブレットの人工甘味料が危ないお話を聞いて、ちょっと考えました…。

フリスクでもミンティアでも、原材料名を見てみると「甘味料(ソルビトール、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)…」と書いてあります。

人工甘味料が一概に悪いという訳ではないのは多少は勉強済みで、例えばステビアとか、そのあたりは食べても問題ないと分かっているんだけれども…1日数粒だから良し!と思ってミンティア愛好家で箱買いユーザーでした。

ミインティアが悪い訳ではなく、そもそもどの人工甘味料が危険なのかのボーダーラインがそこまではっきりしていないですが、ちょうど箱買いミンティアを食べきるタイミングだったので、避けたい人工甘味料不使用のミントタブレットを探してAmazonで買ってみました!

メンタブ(Mentab)

メンタブ(Mentab)です!

色々と人工甘味料不使用のミントタブレットでネットで探したのですが、基本的には海外で出しているのが多くてAmazonプライム対象外ばかりでした。別に対象外でも良いんですがものがもので商品自体がそんな金額でもないので、人工甘味料に加え、送料も避けたい…笑

という事でMentabに行き着きました!こちらは日本のハッカブランドでおなじみの北見ハッカ通商さんから出ています!北海道に行ったらど北見ハッカキャンディーとかつまようじとかハッカスプレーとか、どこのお土産コーナーにもありますよね!もらって嬉しいお土産です。

Mentabの原材料名を見てみると、「原材料名:寒天オリゴ糖、甘味料(ソルビトール、ステビア、スクラロース)…」という事で、先程例に出した市販のミントに使われている避けたい人工甘味料不使用となっております!

メンタブ(Mentab)

一部の人工甘味料は使っているものの、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物不使用ということと、注目すべきなのが寒天オリゴ糖

軽く調べたところ、寒天オリゴ糖はその名の通り寒天を原料としたオリゴ糖で、別名アガロオリゴ糖との事。抗炎症作用や諸々の健康効果があるという事で、とりあえずのところ安心して食べられることが分かりました。こちらのサイトが詳しく書いてありました。ご参考までに→寒天(アガロ)オリゴ糖

食べてみたところ、突き抜ける程のスースー感はないものの十分すっきりする爽やかさです。なんというか、やっぱり自然な感じがしますね~。甘さも自然だしハッカそのものも優しい爽快感なので、これはリピートですかね~。

値段はミンティアに比べれば割高になりますが、そもそもミインティア1個あたり7gに対してメンタブ9gなので内容量自体も違うので検討する価値は十二分にあるかと。

1粒2粒でも習慣化している人は毎日食べるものなので、体の事を長い目でみたらすごくおすすめです。

 

余談ですがDaiGoさんが吸っているこちらのNOSE MINT(ノーズミント)、私もここ数ヶ月愛用してますが、とっても良いです。

NOSE MINT(ノーズミント)

鼻から吸うミントなので香水のように周りに匂いをまき散らすこともなく自分だけで匂いを堪能できるという…なんと便利なアイテムなんですかね。

私の場合、口からミントを食べ、ちょくちょく鼻からミントを吸っているので、職場では完全にちょっと怪しい人になっていますが、こちらのノーズミントの主成分は「メンソール、ペパーミントオイル、ユーカリオイル、ラベンダーオイル」

それらをフィルターに染み込ませて吸っているだけなので何も怪しいことはありません!気にすることなく吸っています。鼻の中から頭がすごくすっきりするのでミント好きの方はこちらもおすすめですよー。

という事で本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

メンタブ(Mentab)

NOSE MINT(ノーズミント)

▼人工甘味料完全不使用のミントタブレット、スターミンツ

▼人工甘味料完全不使用のミントタブレット、ヒントミント

焼きナス

こんにちは!手指の乾燥がひどくてたまりません…。あちこち切れてしまって痛くて。雪が降らないどころかよくよく長い事雨すら降ってないですからね。加湿器とワセリンがマストな今日この頃です。

さて、前置き関係なしに「なすは栄養がない、は本当?焼きナスにするだけでもおいしい魅力満載の野菜に迫る」という事で、栄養がないというイメージが強くなってしまっている野菜、なすの魅力に迫ります!

そもそも栄養がない野菜なんてありませんが、おそらくなすに栄養がないと思われてしまう理由のひとつとして「ほとんど水分」という事があるかと思います。その水分、なんとなす全体の約93%が水分です!では残りの7%にかけるしかないのですが、しっかり魅力、ありますよー!

 

まず、なすにしか含まれていない健康成分が皮の紫色の部分に含まれています。その名もナスニン

このブログをご愛読いただいている方は大体お気付きかと思いますが、大抵紫色の野菜に含まれていますが、このナスニンはポリフェノールの一種のアントシアニンの一種で非常に抗酸化作用が強いんです。

皮をむいてしまうとせっかくの希少ななすの栄養をそぎ落としてしまう事になるので皮ごといただきましょう。

ちなみにナスニンは熱には強いのでこんがり焼いてOKです。ただ水溶性なのでアク抜きにと長時間水に浸すのはNGとなります。そもそもナスを食べてアクを強く感じるという事はあまりないと思うのでアク抜きの必要性ある?っていうお話ですが。変色防止に水に浸すという方は要注意です。

 

それからもう一つ魅力はあります。それは食物繊維。スポンジ状で食物繊維なんてどこにあるの?と思いがちななすですが、実は食物繊維がバランス良く含まれているんです。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、なすにはこの2つがバランスよく含まれています。カロリーも低い野菜ですし、ダイエットにも割と向いている野菜だったりするんですよね。

ということで、なすにはこんな感じで少ないながらもしっかり栄養はあります!夏野菜のイメージが強いですが、秋ナスは嫁に食わすなという事で実はなすのおいしい季節は寒くなりだしてからという事実があります。

私も先日焼きナスにしておいしくいただきましたー!

焼きナス

オリーブオイルでこんがり焼いて、生姜醤油で。定番のおいしさでした。AGEsの健康被害はいったん頭から取り去っておきました。

個人的には味付けなしで焼くだけならごま油よりオリーブオイルで焼く方が好きです。なすは油を吸収しやすいので極力大目に摂っても被害の少ない油にしておきたいところではあります。そこまで考えてはいませんでしたが。笑

という事でいかがでしたでしょうか。なすの魅力を噛みしめておいしく食していただけましたら幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼抗酸化作用についてはこちらの記事で軽く触れています。

アントシアニン豊富で抗酸化作用も期待できる紫芋について!紅芋との違いとは?

▼オリーブオイルはエキストラバージンオリーブオイルの質の良いものを。安すぎるのは100%オリーブオイルでない可能性があるので要注意です。

ワインの酸化防止にバキュバン

どうもどうも、珍しく夜に記事を書いております。

というのも先日あるアイテムを購入しまして、それが素晴らしく良いのでとにかく誰かに伝えたい!と夜な夜な思い立ってパソコンに向かっております。衝動的…笑

私、過去に2回くらいワインの記事を上げてまして、これだけ書いてて2回かよっていう話になってきてしまうんですが、、、ワイン自体は基本的に毎日飲んでます。

ただなにしろ1人なので720mlフルボトルを1日で飲み切れる訳もなく、もっともとにかくお酒飲みたい!の酒飲み精神で飲んでる訳でもなく。

料理に合うワイン探したり、色んなブドウの品種とか産地とか香りとか、色々飲みながら違いを楽しみながら好きな味を見つけていきたくて飲んでるので、全く高級ではないですが最近はコルクの少し良い目のワインをジャケ買いして毎日グラスで1杯とか楽しんでる感じです。

で、そんなこんなで毎日ちょこちょこ飲むのはいいのですが、ワインってそもそも開栓したらそこから時間の経過とともに酸素に触れて酸化が進行していく飲み物。少し良い目のワインを買って開けても日に日に酸化して味や香りが変化してしまいます。

もちろんそれを楽しむのもワインの醍醐味だと思うのですが、これだけちょこちょこ飲みの人だとそういうレベルではなくなってくるんですよね…。

実際に開栓して飲みかけにして、コルク反対向きで差しなおして冷蔵庫に1日入れておくと、味と香りが薄れているのを実感します。(予備録:ワインのコルクは一度抜いたら元の向きに差し直すのは難しい。反対向きには差し直せるという。)

ただ稀に、開けたばっかりは「うわー、結構アルコールの感じきついし香りも独特だな…」というワインが数日経ったらむしろやわらいで飲みやすくなったというケースもあります。苦手なワインはむしろ良いかもですねー。例えば赤ワインのカベルネソーヴィニヨンとか。カベルネソーヴィニヨンの辛口とか、個人的にはなかなかきつめの味が多い印象なのですが2~3日経つと良い感じになってたりします…。ワインってこういう変化がまた楽しいし常に発見の連続なんですよね!

さて、このまま書き続けると完全に個人のおすすめワインの話に逸れそうなので戻します。

今回その酸化をどうにかして阻止したいと思って探して購入したのはこちら。

ワインの酸化防止にバキュバン

VACUVIN(バキュバン)と言います!飲みかけにしたワインを酸化から守れるという神アイテム。

原理は画像のパッケージの右側に入っている栓を瓶に入れて、左側の白いポンプの本体で空気を吸いだして瓶の中を真空状態にするというもの。真空状態というと当ブログではかなりおなじみになっているので何となく良さげな印象は持っていただけるかと思います。(とは言え完全真空状態とまではいかない、0%にするとかは不可能です。だとするならば他のもっと高価なグッズを探す必要が出てくる…)

パッケージに書いてありますが、空気が抜けるとカコン…カコン…いや、カコッ…カコッかな…まぁそういう感じの鈍い音がして、あ、もう良いんだなとお知らせしてくれます

再び開けて飲む時は、栓に付いている突起をぽちっと傾けるとプシューっと空気が入って栓が抜けるようになります。

うん。これはまじ便利っすね!ワインって開けたら劣化するんだよねーじゃなくてもっと早く買っときゃよかったと思いました。ちなみにワインのプロとかお店でも使っている商品だそうです。なるほどですね。

 

という事で今年2つ目のいい買い物しました!(1つ目はシャトルシェフ)日頃からワイン飲んでるよーという方はぜひといったところでした。

本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼ブリスターパックで十分だと思いますが、プラスチックはちょっと…という方はステンレスもあります。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
にほんブログ村

ゆで卵の殻をきれいにつるっとむく方法

こんにちは。未だ雪は降っておりません。そこそこ気温の上がる日々が続いており…いつ降るのでしょうか…。

さて、本日なのですが、ゆで卵の殻がむきにくい理由、きれいにつるっとむく方法は?という事で、10個パックを買ってきてすぐ全部ゆで卵にしてきれいにパックに戻し、毎日2~3個食べているゆで卵ヘビーユーザーが日頃気になっていた話題です。

毎日食べているので薄々原理は勘づいてはいたのですが、調べた結果、やはりという感じでした。

私なんかは勝手にひとりでたんぱく質補給してるだけなのでそんなでもないですが、忙しい朝お弁当にゆで卵入れるのに殻がむけない!なんて朝からストレスだと思います。

実践したから必ず全部きれいにつるっとむける訳ではないですが、気を付ければそれなりに成果が出ますのでぜひご覧いただければと思います。

ゆで卵の殻をきれいにつるっとむく方法

まず、ゆで卵の「殻をむく」という表現ですが、個人的にむく際にいつも気を付けているのが「殻と白身の間の薄皮をいかにうまくはがせるか」という点です。

卵って、一部窪んでいる部分があって、主にまずそこを見つけてそこから薄皮をうまいことはがす事を肝に免じれば大抵はそこまで苦労せずむけるのですが、それでもつるっとむけない事があります。

さて、どうポイントを押さえたらこの薄皮をきれいにはがせるのかです。

  1. 卵をゆでた後に急冷する
  2. 買ってきて1週間くらい経ってからゆでる

2つポイントを挙げました。では1から。

まず、熱湯でゆで上げた後に急冷すると卵殻膜という殻と卵白の間に気室という隙間ができます。気室ができるから殻がはがれやすくなる、という原理。

なるほど、窪みからがむきやすいと先述したのは窪みという隙間ができたからむきやすかったのかー!と納得です。

 

お次に2。卵の卵白には二酸化炭素が溶けているのですが、古くなるにつれてこの二酸化炭素が放出されるんですねー。それが卵殻膜にたまって気室ができてむきやすくなる、という原理。

卵は古くなってからゆで卵にした方がむきやすいとよく耳にしていましたが、なるほどこういう原理か!とこれまた納得。

 

つまりは殻と卵白の間に気室という空気の層を作ることがゆで卵をむきやすくするんですねー!

意外と簡単な原理だったので次回から活かしていただけるのではないでしょうか。私の場合は買ってきて速攻全部ゆで卵行きなので2の方法は厳しいですが。笑

 

これらを何も考えず便利にしたいという方にはおすすめのグッズがあります。

殻に穴を開けておいて、穴から二酸化炭素を放出させて気室を生み出すというなんとも画期的なグッズがこちら。

これでゆで卵の殻むきのストレスにさいなまれる事がなくなるのであれば超いいですね。

 

さて、いかがでしたでしょうか。今回はここまでとなります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼併せてお読みいただきたいおすすめゆで卵記事

簡単&時短!超おすすめなゆで卵の作り方!

蒸し煮野菜にとろけるモッツアレラチーズのせ

今年も残すところあと2日となりました、こんにちは!

私は特に正月だからおせち食べたりしないのですが、なぜか昨日夜な夜な赤かぶの甘酢漬けは昨日漬けました。赤大根の甘酢漬けがかなりおいしかったので完全にはまりましたねー。

それは後日アップするとして、今回はバーナーの便利さについてちょっと書いていこうと思います!

 

以前より、メンタリストDaiGoさんの料理番つっしーさんが買うべき調理器具ベスト3として挙げておられたクッキングバーナー。実は私も先日amazonで購入したのですが、かなーり便利で素晴らしいので書いておこうと思いました。

iwataniクッキングバーナー

Iwataniのカセットガスバーナーです!

Iwataniのカセットガスであればワンタッチで簡単に脱着できる便利品です。フライパンやお鍋に食材をのせてレバーを引いて着火するのみです。燃え移るようなものがないか、換気はできているかなどきちんと注意して使わなくてはなりませんが操作自体はとっても簡単です。バーナー自体が初めての使用だったので最初はちょっと怖かったのですが、使ってみたらあっという間に大好きになりました。笑

 

ローストビーフとかポークの表面あぶったりはもちろん、先日はこんなのもやりました。

蒸し煮野菜にとろけるモッツアレラチーズのせ

蒸し煮野菜にとろけるモッツアレラチーズのせ!

 

キャベツ、にんじん、じゃがいもを蒸し煮して、火を止めた後薄切りにしたモッツアレラチーズをのせてバーナーであぶってとろけさせました!めっちゃおいしいー…!!基本的にヘルシーだけど、チーズがとろけて格段においしくなりました。

バーナーの良い点のひとつは、メイラード反応が起きるという点があります。

メイラード反応についてはこれまでもちょこちょこ触れていますが、糖とたんぱく質のアミノ酸が熱されて反応した時に起こる反応で、こんがり焦げていい香りが漂う、あれです。こんがり芳しい料理、おいしいですよねー!

牛肉豚肉に関しては表面に低温調理では殺菌できかねない菌が残っていたりするので、出来れば表面だけでも短時間焼き付けるのが理想なのですが、バーナーなら簡単。そしてフライパンで焼き付けるよりも直接火が当たるのでメイラード反応も顕著に起こっておいしく仕上がるという訳です。低温調理中は起こらないという訳でもないのですが、155度が一番顕著に反応するという事なので、短時間で集中的にバーナーすると簡単です。

ちなみに褐色になるのはメラノイシンという物質が発生するから、なんですねー。世の中科学ですねー。

 

ですが、メイラード反応が起こるという事は老化の原因になる物質、AGEs(終末糖化産物)が発生するという事なので、バーナーで一瞬あぶるくらいにとどめておきたいところでして。

すき焼きとか…グラタンとか…おいしいですが、日常的にしょっちゅう食べるのは健康を考えるとあまりよろしくなさそうです。

活用すれば家庭でもプロ並みの技で料理の幅がグンとアップするので、バーナー活用いかがでしょうか。

本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼Iwatani カセットガスクッキングバーナー

▼併せてどうぞ、AGEsについての記事

低温真空調理で肉がおいしくなる理屈をわかりやすく解説!その2 健康効果からAGEsのお話まで

雑穀ゆかり塩昆布おにぎり

こんにちは。クリスマスも終わってあとは年末師走モードに突入するのみですねー、今年も終わりかー!

さて、本日は久々におにぎりテーマを書こうと思います。

前の雑穀米おにぎりと中身はかぶっているので、レシピを簡単にご紹介してから雑穀米のメリットを上げていきますのでよろしくお願いいたします!

雑穀ゆかり塩昆布おにぎり

雑穀ゆかり塩昆布おにぎりです!前回の【アレンジおにぎり】十八穀米×削り節、塩昆布、七味唐辛子、白ごまとほとんど内容は変わっておらず、七味唐辛子とゆかりが入れ替わっただけ、あとは醤油の代わりに無添加わかめごはんの素で塩気を付けているだけです。

  • 雑穀ごはん…お茶碗1杯分
  • 塩昆布…ひとつまみ
  • ゆかり…小さじ2/3くらい
  • 無添加わかめごはんの素…小さじ1くらい
  • 白ごま…小さじ1くらい
  • かつお、さば節…ひとつまみ

と、これだけ色々と入っており、もはや栄養素のかたまりと言っても過言ではない領域に達しています。自作ならではですね…。

基本的に職場ではおにぎりとミックスナッツ食べて、あとは終日通してひたすら水か緑茶を常にちょこちょこ飲んでいるという状況なので、ランチはいかに効率良く栄養取るか、みたいな試練的要素が強くなってます。笑

こんな感じでひとつのおにぎりの中に様々な栄養素が詰まっているのですが、そもそも雑穀ごはんにするメリットってなんなのよ?というところです。

雑穀(古代米)が流行りだしたのは今に始まった事ではないのですが、流行に乗ってその時だけ取り入れるというのは勿体なくて、ぜひ雑穀混ざってるのは当たり前くらいの感覚にしていただきたいくらいなんですねー。

という事で、軽くお米について触れてみます。

 

雑穀は混ぜるか混ぜないかですが、もしできれば白米でなく、毎日食べるものなので玄米とまで言わず分づき米は結構おすすめです。

分づき米の「分」は玄米を何割精米してあるか、の「分」です。つまり、5割玄米の糠層を取り払っていれば5分づき米、7割取って3割だけ残していれば7分づき米、となります。

毎日食べるのには7分づきくらいが白米とほぼ同じ感覚で食べられるのでおすすめなのですが、健康志向だったり体質改善したいという方にはもちろん状況に応じて玄米、5分づきもおすすめです。ただ玄米になってくるとだいぶ効果が強いのと、糠層の硬い食物繊維が消化に悪いので健康な方が毎日食べるのには結構ハードかと思います。

なお、分づき米の場合は農薬がついている糠層がたくさん残るという事なので、無農薬米か減農薬米がおすすめです。白米まで精米してしまえば特にそこまで気にする必要ないんじゃない?と個人的には思っているのですが。

つまり何が言いたかったかというと、糠層の部分にビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれているので、そこをできるだけたくさん残せれば栄養価高いですよーというお話でした。

では、雑穀なのですが、これと同じ原理でやっぱり古代米というものにはビタミン、ミネラル、食物繊維が非常に豊富にぎゅぎゅっと詰まっているんです!

雑穀の種類によって栄養素はまちまちで、例えば黒米ならばポリフェノール豊富とか、特徴が色々とある訳ですが、できればこれだけ混ぜる!と決め込まずにミックスされているものをバランスよく摂るのが良いと思います。

以前にもち麦ダイエットとか流行りましたがもち麦だって炭水化物ですからね…糖質ですからね…普通にカロリーありますからね…!何を根拠に痩せるのか疑問です。もち麦だけにして、かつカロリー制限すれば当たり前に一時的には痩せると思いますが。それだけ食べるダイエットは本当に考えものです。

で、雑穀は栄養素が豊富かつ、GI値が白米に比べて低いというのも特徴です。GI値が低いと食後の血糖値の上昇が緩やかになります。血糖値が急上昇すると、インスリンが過剰に分泌されて、ブドウ糖を体に取り込む際に余ってしまって、それが中性脂肪に変わるというサイクルが起きます。なので、白米よりは雑穀米の方が太りにくいという根拠があります。

太り「にくい」ですからそりゃだからと言って量を食べれば太ります。れっきとした炭水化物ですから。つまりはこれがいいからと言って凝り固まって偏らずに、炭水化物、脂質、たんぱく質をバランス良く食べましょうねというお話でした。雑穀は不足しがちな栄養素を補助的にプラスする食品と考えるのが良さそうです。

 

いかがでしたでしょうか?雑穀は小粒ながらもパワーを秘めた食品です。毎日食べるものにまぜて自然に栄養摂れるのはありがたいです!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

▼私がローテーションで食べてる雑穀米です。安心の国産米で、そしておいしい。

▼分づき米にチャレンジしたい方向け。案外低価格なのでお米毎日食べる方は導入しても損はないです。

煮込み用牛すね肉

こんにちは、メリークリスマス!

特に変わった事はなく、クリスマスとは相反した記事を書きますが何卒よろしくお願いいたします。笑

 

本当にクリスマスと無関係なのですが、以前に牛すね肉を低温調理した記事をアップしたのですが、あまり踏み込んで書かなかったので今回詳しく書いておこうと思います。

他の肉の部位とは違って温度設定や時間などガラッと変えなければならず、低温調理と言えど、むしろ言ってしまえば低温調理の原理と真逆の原理で柔らかく火入れしているのですが、そのあたりについてお伝えしていきたいと思います。

なかなかすじとかすねとか、こういった部位について詳しく書いているブログがなくこちらのブログにいらっしゃる方が多いようですので、この記事で色々と気持ちがスッキリしてもらえるよう分かりやすく書いていきたいと思います!

 

まず、低温調理する際に必要な事は、調理する肉はどんな部位なのか一度確認する必要があります。

確認するのは以下。

  • 脂肪分の少ないたんぱくな肉の部位か
  • コラーゲンの多い硬い肉質か

脂肪分の少ないたんぱくな肉の部位であれば平常通りの低温調理の温度と時間設定で考えていきます。

ですが、コラーゲンの多い肉質の場合には一度立ち止まる必要があります。ここですね!牛すじや牛すねはコラーゲンが多い肉質に当てはまりますね!

平常通りの低温調理が肉を柔らかく仕上げる原理としては、アクチンが変性し始める温度(65.5度)より低い温度で長時間加熱して、水分を保持したままの状態で火入れを完了させるというものです。

では次に牛すじや牛すねなどのコラーゲンの多い肉質の調理の場合、肉を柔らかくするためにはコラーゲンがゼラチン化する温度(75度~85度)で長時間加熱しなければいけません。

コラーゲンがゼラチン化する=コラーゲンが分解されるという事です。

つまりはこれらの肉の部位をアクチンが変性し始める温度(65.5度)で加熱し続けてもコラーゲンが分解されずにいつになっても硬いまま、という状態になってしまうのです。なので、牛すねを調理した際には設定を低温調理というものの高温層にした訳なんですねー。水分が抜けるのは仕方ないとしてとりあえずコラーゲン分解してそもそも柔らかくしよう!という原理。

まとめると全く逆の発想で、

  • たんぱくな脂肪分の少ない肉の部位→低温調理で水分を保持したまま火入れして肉本来の柔らかさを保ったままフィニッシュさせる
  • コラーゲンの多い部位→水分は抜けるが、コラーゲンを分解してゼラチン化させることによって肉を柔らかくする

という事です。お分かりいただけましたでしょうか?

牛すじも牛すねも煮込み料理に使われているのは理にかなっている、というかなされるべき調理法によって適した料理で日頃食べていたんだなーと感じていただけましたら幸いです。牛すじの焼き鳥!とか牛すねのステーキ!とかあんまり聞いたことないですよね。

 

という事で今回はコラーゲンの多い硬い肉の部位はどうしたら柔らかく調理できるのか、その原理をお伝えしたのでここまでとなります。

比較的高温でじっくり煮込んで、煮汁まで余すところなくおいしくいただける煮込み料理で寒い冬に温まりましょう!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼併せてご覧いただけましたら幸いです。

低温調理で牛すね肉柔らかく加熱してみた!からの体に優しい無添加ビーフシチュー!

▼買うならぜひのおすすめ低温調理器

鍋ひとつで簡単!パンチェッタと白菜とじゃがいもの重ね蒸し鍋

こんにちは!本日もよろしくお願いいたします。

早速ですが、メンタリストDaiGoさんの料理番、つっしーさんレシピの自家製パンチェッタ、食べてますか?私は日々便利においしくいただいています!

鍋ひとつで簡単!パンチェッタと白菜とじゃがいもの重ね蒸し鍋

パンチェッタと白菜とじゃがいもの重ね蒸し鍋でーす!

作り方はいたって簡単。

  1. カットした鍋いっぱいの白菜と皮つきの7mmくらいの薄切りじゃがいも、そこに薄切りにしたパンチェッタとを挟み入れる。
  2. あれば乾燥バジルを振りかけ、水を150mlくらいまわし入れてフタする。沸騰するまで強めの中火、沸騰したらすぐ弱火で蒸し煮するのみ!

基本的にはパンチェッタの塩分と凝縮されたうまみ成分だけで成り立つという素晴らしさです。野菜だけで蒸し煮して濃いめのつけダレで食べてもおいしいですが、シンプルに塩だけで野菜と熟成肉の旨味を味わうのも最高です!あーー、白ワインがおいしい…。

 

さて、このブログでは低温調理と並んで蒸し煮が登場しますが、本日は蒸し煮、蒸す事のメリットとは何なのかを簡単にまとめたいと思います!

低温調理は言うまでもなくおすすめですが、野菜はなかなか毎回ジップロックに入れて1時間かけて調理するのでは大変かと思いますので、うまく蒸し煮、蒸す事を併用していただければと思います。

 

まず、蒸し煮とは定義が様々でして、

  • 少量の水分で長時間煮ること
  • いったん蒸してから調味料を入れて煮ること
  • 焼き目をつけてから煮ること

など、色んな方法が蒸し煮とされているようですが、私の言う蒸し煮とは「蒸しあがる時にちょうどなくなるか少し鍋底に余るくらいの水分で蒸し器をセットせずにお鍋ひとつで蒸しあげること」です。

蒸し器で普通に蒸して何の問題もないのですが、なにしろ私、どうせ調理するならおなかいっぱい食べたいですし、蒸し器すら使う事すら十数年前にやめたんですね。笑

水を入れすぎると出来上がりがびしゃびしゃでなんだか残念な事になるうえに水分においしさと栄養が溶け出してしまうので、必要最低限の水を入れます。万が一びしゃびしゃになってしまった場合はその煮汁も何らかのかたちで飲んでしまえばよいです。

ここからがメリットなのですが、まず「蒸す」という調理方法は「煮る」と同じく100度以上になる事がなく、必要最低限度の高温で調理ができるんです。

低温調理では55度~65度くらいが基本ですが、これはうまく活用すれば肉や魚を一番おいしい状態で調理できる温度です。

野菜はこれよりある程度高温で調理しないとまず柔らかくならないですし、野菜のもつうまみ成分が活性化しません。基本的には90度以上くらいは必要なので、蒸し煮とかせいろで蒸すとか、100度を超えない温度というのはそもそも理にかなっているのです。

うーん。やっぱり蒸すって改めて素晴らしいですねー。

原理としては、「煮る」というのは液体の水で調理すること、「蒸す」というのは気体の水で調理することを指すんです。鍋の中の水が水蒸気となって、鍋底からフタまでの空間を高温の水蒸気が対流しながら食品に当たってゆっくり加熱されるという訳なんです。

よって、直接液体の水が食品に触れない(蒸し煮にしてもごく鍋底の部分しか触れない)ので水溶性ビタミンなどの流出も最小限に防げますし、密閉された水蒸気の中で香りも際立ちます。なので、素材そのものの新鮮な香りを活かしたい場合などにもおすすめの調理法と言えますね!

「蒸し焼き」がおいしいのも同じ原理で、まず焼き目をつけるという事はメイラード反応で香ばしくすることで人はよりおいしく感じ、その後蒸しあげて火を通している訳ですから旨味と香りを閉じ込めて、お肉や魚でもある程度はふっくら焼き上げられるんですねー。低温調理には適いませんがこれはこれで別の美味しさですよねぇ…。

 

という事でこういった部分が蒸し煮、蒸す事のメリットでした。いかがでしたでしょうか。

私個人のおすすめとしてはお肉や魚はできるだけ低温調理を使う、手軽にパッと食べたい野菜はささっと鍋にぶち込んで蒸し煮する、という感じです。

食べた感じもゆでるよりも圧倒的に野菜の味が濃く仕上がりますし、食材そのものに残る栄養も比べるまでもなく多くなります。使う調理器具はご家庭にある普通のお鍋で大丈夫ですのでぜひこれからのあったまりたい季節、蒸し煮も活用してみてはいかがでしょうか。

本日はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました!

 

▼私が愛用中の取っ手が取れるタイプの小鍋、鍋、フライパンセット。収納にも洗い物する時にも超絶便利。今回の料理写真にいたってはこの鍋を取って外してそのまま器として活用しています。笑

▼パンチェッタの記事も併せてご覧いただけましたら幸いです。おいしいのでぜひとも!!

【つっしーさんのレシピ再現】自家製パンチェッタ熟成中…第一段階

【つっしーさんのレシピ再現】燻製しない生ベーコン、自家製パンチェッタ完成!