低温真空調理で基本のき!鶏胸肉でサラダチキンの作り方

低温真空調理でサラダチキン

低温調理器を買ったらまず作ってみたいうちのひとつが「サラダチキン」「鶏ハム」。

普通にお鍋やフライパンでがっつり茹でてしまうといわゆる鶏胸肉の「パサパサ感」「固い」「おいしくない」イメージが出やすくなってしまうかと思います。

そこで低温真空調理です!

何度か温度と時間微調整で試してみて、今のところ私がワインのおともとして好んで毎日のように食べているレシピをご紹介します!

■鶏胸肉2枚一気に作る場合

【材料】

・鶏胸肉…2枚

・オリーブオイル…5~10gくらい(お好みで多くても少なくてもあまり気にならない)

・ブラックペッパーやハーブミックス…お好みで適量

・塩…上記全体の0.9%の重量

 

【作り方】

1.低温調理器に水を入れ、「61度で1時間30分」にセットする

2.ジップロックなどのフリーザー袋に上記を計って全て入れる

3.低温調理器が設定温度に達したら、2を浸水法で沈めながら空気を抜いてフタを漏れなく完全に閉める。

4.完成まで待つのみ!

 

低温真空調理でサラダチキン

驚くほど柔らか、しっとりとして鶏胸肉の概念を打ち砕くサラダチキンの完成です!

スライスして盛り付けてワインと一緒に…

低温真空調理でサラダチキン

断面の写真を用意できていない…。鶏肉本来の優しいピンク色でうっとりする仕上がりです。(ゆで卵そのまま2個は全く気にしないでください…!)

 

以上です!要は袋に材料を入れてあとは何かしている間に出来上がる、というわけです。

「浸水法」の部分のみ気になるかと思いますが、これは次の記事で詳しく書きたいと思います!

とりあえずここまで!また次回よろしくお願いします!

 

▼低温調理器はしっかり温度管理できる信頼できるものを選んでください。レビューもしっかりご確認を。

▼低温調理にちょうどいい容器。鍋でも良いですが、透明だから調理中でも中の様子が見えるのとずれた状態でもフタを載せて調理すると保温性がグンと高くなります。

The following two tabs change content below.

あいにゃん

高校生の時に過度のダイエットで体調を崩したことから食と健康にまつわる情報を集め続けて今に至る。 現在は低温調理器やシャトルシェフの保温調理を活かして手間なし放置調理で家事効率化を計ることに注力しています。 メンタリストDaiGoさん、つっしーさんのニコニコチャンネル弟子。 料理以外の得意分野は少しだけWeb系、PCには少し強め…なのかしら…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください